この犯罪についての回想:コメント追記 あります、記事右下の矢印をclickして下にスクロールしてください

この犯罪はありもしないことを風評し、何も知らない一般人をもターゲットの攻撃者にしてしまうという、ありえないようなことが現実に行われているのは実感しています。認識していない時から、勤め先でも家の中でも親戚内でも、近所の知らない人からもあらゆる攻撃の対象にされてきました。それがこの犯罪が原因であることを知ったことで、自分自身が悪かったのではないということは自身では感じていることですが、それは他の人は知らない事実ですし、着々とそういった負の準備は行われていて、当時から執拗に現在に至るまで攻撃対象にしている人も居ますので、この方は確実にControl下におかれていると感じています。自身は何も知らないと思いますし、宗教とは縁のない方です。

しかも巧妙に仕組まれたものを使ってです。

普通一般に、ねつ造して風評被害をターゲットに与えることは周知のとおりですが、単なる捏造風評ではないモノを私は特に遣られています。ハイテクを使って【捏造の既成事実を作られます】←感じるというのではなく確実に遣られているから断言できます。

被害者の間でも気付いている人ばかりではないこのハイテクを使ったものです。マインドコントロール&ブレインジャックと言うものですが、今日、この記事を書こうと脳内で考えている為、管理ページになかなか入れず、真っ白状態に何度もされログインできませんでした。ホントに思考盗聴ピッタリ張り付かれています。

考えられるハメの手法 ←clickしてください

この方のブログがとても参考になりました。

↑対人関係に対する感情の遠隔送信について説明されています。気づいていない人であってもこういった、テクノロジーを使った完全犯罪を遣っているのです。風評だけではないのです、その先の感情までも操作していることになります。

私がこの犯罪を知らない時に苦しめられていたその人は母親世代の年齢であり、2人になって会話している時は良くても翌日になって一変することを何度も経験しており、その方との関係があったのは今から35も年も前の話で引っ越しもされ少し遠くなっていることと(引っ越し先は知らない)、まったく今では会うことすらありません。なのに毎日会っているかのような憎しみを抱きつつ風評をばら撒く役をしています。

お子さんが結婚されお孫さんがとっくに成人してしまっている歳月を過ぎており、全く交流が寸断されているにも拘わらずです。これはもうハイテクをその都度その都度されている他ないと思っています。その人に接点のある人々からの豹変ぶりが今現在も凄いのです。

ブレインジャックを遣られた時の記事は過去にもしておりますが、今回書くつもりの嵌められたハイテクを使った事件は書いていません。とても説明が難しいものだからです。それでも、最近になって確実に膨らみ始めた風評によるダメージ被害を受けているので、遂に書くことにしました。

*この記事に続いて書いていると長くなりますので、、その内にコメント欄に追々書いていきます。右下の矢印かタイトル横のcommentの数字、または新着コメントをclickしてください。

                         応援clickお願いします
関連記事

7 Comments

鯛釣草  

本題に入る前の補足

主に私にブレインジャックを使って嵌められたのは

①風評被害で私を孤立させるため、悪い奴に仕立てる為(防犯パトロールのターゲットにしていることの正当性を高める為と思われます)

②不法侵入の際、唯一の、防犯カメラの死角にある勝手口から侵入する為に私を誘き出すのに使われました。
そこからはその場の用事しかしないように、サンダルも違うものにしていて、そこから離れっ放しにはしないように常時鍵を掛けて、外からも回らないようにして防犯アラームもついております。出入りは防犯カメラのある玄関のみにしています:この時の不法侵入でカメラの死角を把握されました。注文していた防犯アラームは作動しないモノが届きました。私はこのジャックされた時の記憶は消されてその後、ジャックを解かれて玄関の入り口に入ろうとして鍵が掛かっているし、履物が違うことに気づきます。どうして鍵が掛かっているのかと思い足元を見ると勝手口の履ものなのです。そして絶対に開けっ放しをしない離れっ放しもしない筈のドアが開け放たれていて、ジャックされた事実を知ることになります

これから書く記事の前に使われた(←ブレインジャック)ものは3月にまとめて記事にしております。
その他にも小さなものは遣られていますが、経験して感じることは、加害側は日常、普通に簡単に使っているということです

この説明し難いことを意図も簡単に遣っていて悪質残忍極まりないと思うのですが、知れば知るほど、こういうことを何の気後れもなく使う人達であるということ。だから私は人間じゃないという説を取っています。爬虫類人とかレプティリアンなど。

自分たちの思惑通りに罪もない人を陥れ、自殺や事故、病気などに繋がる行為を日夜惜しまず繰り返していながら、普通人を装って暮らしています。この犯罪のことをまったく知らない人も巻き込んで居ますから、危険極まりない人達があちこちに息を潜めて暮らしております。

それを知っている人が居るという事実(一般人は殆ど知らない、知っているのは支配側)も、世の中が狂っていると思っています。

*以下コメント欄には体験を書いておりますが、長文な為、暇を持て余したようなときにでもご覧いただければ幸いです。主として忘備録:被害体験を残す目的で書いております。何とぞご了承くださいますようにm(__)m                   

2017/11/25 (Sat) 17:47 | EDIT | REPLY |   

鯛釣草  

ブレインジャックされて嵌められた中で一番驚いたこと、実話です。その①

母が亡くなって間もない頃、私用の為バスに乗り街へ行っていた時のことです。

私が乗った次の停留所で知り合いの西〇のおばちゃんが乗りました。今の家を建てる前の子供の頃、前同士だった為、家族ぐるみの知り合いの仲です。

私は運転席の反対側の前から3番目の席に座っていたのですが、おばちゃんは私の前の席に座りましたが、いつものおばちゃんなら、自分が座る前にすぐ後ろに居る私の方を見る筈なのに、一切他に目を遣らず椅子だけに視線を置き座ってしまいます。あれ?と違和感がありました。乗る前からおばちゃんが居ることが分かった時に、母のことでお悔みを言われることも想像していたし、そういう間柄なので、そのしぐさはおばちゃんらしくないとても不自然だったのです。

そしてそのあと異様な態度になります。私はモノも言わないおばちゃんに違和感を感じつつ進行方向に向かって座っていますから、おばちゃんの異様な姿は逐一見逃さずに目に入る状態です。

窓越しに風景を見ているのですが、しかも身を乗り出すようにして横顔を見せつつ、視線は一点集中。この時も後ろの私に目を遣るでもなく、【一点を見据えてその視野の端で私を確認している目つき】をずっと長い間しているのです。

「・・・!どうしたって言うんだろう、こういうことされるなんて、よほど風評がまた届いているのか、何なの・・いったい?!」と考えを巡らしました。そばに居る人に目を遣らないしぐさも、座るときの椅子しか見ないしぐさも、いつものおばちゃんらしくないのです。普通の人であってもこういったスパイのような目つきと長い間、しかも気付くように、絶対に私に視線を送らないその動作をわざと続けているのですが、私はこういった仕草をする人を未だかって見たことがありません。生まれて初めてです。しかも西〇のおばちゃんだとは思えない仕草です。「何があったのだろう…」と言う疑問と、いつもの会話も出来ない異様な雰囲気を醸し出すその場に、一気に憂鬱なイメージに包まれてしまいました。この犯罪の風評被害なんだと。それにしても何故このような怒った?一切他に目を遣らない素振りを延々しているのかと。

誰も、知り合いの多いローカルのバスの中でこういう仕草をする人は居ません。いつもなら、座るときに私を見て「あら、〇〇ちゃんかね、まぁ、お母さん大変だったね・・・」と言うおばちゃんの様子が目に浮かぶ程の間柄なのにそのイメージとは全く異質な空間です。「・・・・」

(つづく)

2017/11/27 (Mon) 21:14 | EDIT | REPLY |   

鯛釣草  

ブレインジャックされて嵌められた中で一番驚いたこと、実話です。その②

そんな時、おばちゃんが「フリー乗車券ください」と運転手さんに声を掛けていたのです。「先ほどのお客さんで売り切れました~」と大きな声で、運転手さんは私に聞こえるように言っているのですが、その先ほどのお客さんとは私のことなのです。

私はいま、いつものおばちゃんとあまりにも違う態度を延々見せつけられて、声も掛けられないショック状態にあります・・。

バス車内に乗っている人は私達の後ろ姿だけを見ているので、その異様な事態を、誰も知りません。見えていることは「何と横着な人なの、券を譲らないなんて!」と私を責めていることだと思いますが、この後、おばちゃんが席に座りますが、その席に座るしぐさが【男性=オッサンの座り方】だったのです。

気が動転している私はその時「オカシイ!」と思ったのですが、先ほどからのおばちゃんの様子がありえない態度なので、そちらの方に気が行ってしまっていてショックがずっとある訳です。・・・いつもなら、声を掛けるぐらいじゃありません。おばちゃんが普通なら。異常な態度を取られ続けているから声を掛けられる状態ではないのです。。。

この後、随分時間が経って気づいたのです【おばちゃんがブレインジャックされていたんだ!】ということに。いつものおばちゃんではないのも頷けます。そして何より席に座る際の足の配り方が男性だったからです。(注:ブレインジャックはジャックした人の体形や動作、顔つき、思考ももちろんです。癖や口調もその人のものに変わります。だからジャック:乗っ取りとなる それでも外見はその人には変わりないが違和感が漂う)

2017/11/27 (Mon) 21:22 | EDIT | REPLY |   

鯛釣草  

ブレインジャックされて嵌められた中で一番驚いたこと、実話です。その③

それに気づいた後に考えると、何と巧妙な段取りの良すぎることの数々に身震いするほどでした。こういったシチュエーションを考える悪知恵の発達した人が居るんですね。そのおっさん発なのか指示によるものなのかはわかりませんが、認識していない時から、この家族から(従業員か、土建業の人達です)遣られていたと実感しています縁もゆかりもないのに。知らないだけだった。

①まず、私が後部座席に座って居たらこういうことは出来なかったと思います、あの運転席の後ろの反対側の窓際での工作、角度も全てが他の席だと背もたれもあるし出来ない仕草になります。

②そして私も座るときから操作されていたことになります。私がおばちゃんの前に居たら出来ないことですから。一番前の席に私が座ればできません。

③バス乗車券を買うことも、余分を含めて3枚購入したのも全て操作されていたことになります。運転手さんもグルだったのか如何か判りませんが、このバスに係る覚えているだけで【3度も嵌められた】ので、このバス会社もそうなのかと思わざるを得ない状況にあります。

そして、これだけで終わらないのが凄すぎるのです。

④後日おばちゃんとまた別の場所でバス待っている時に【隣同士になります】その時も、おばちゃんの異様な態度だったことが尾を引いていて、私は声も掛けられずに何も言わずに座りました。生々しい記憶が蘇り声を掛けられませんでした。

するとおばちゃんが、私を他の人だと思って声を掛けてきました。そして私だと判ってずっと話ましたが、先日のことは【覚えていない様子】なので、やはりジャックされていて【おばちゃんは記憶を消されていたのだ!】と実感しました。

⑤そして↑この時の隣同士になるようにセッティングされたものだと実感しました。

⑥それから数か月経って、おばちゃんに偶然再会しましたが、その時のおばちゃんはいつものおばちゃんでしたので、色々世間話をしていると、【脳腫瘍で頭の手術をした】と聞かされてびっくりしました。

(つづく)

2017/11/27 (Mon) 21:27 | EDIT | REPLY |   

鯛釣草  

ブレインジャックされて嵌められた中で一番驚いたこと、実話です。その④

普通なら近況を聞かされただけで終わりの気分でしょうが、この犯罪は何処まで凄いのかと呆れてしまいました。

⑦おばちゃんの意識のないジャックであれば、ローカルバスの中での出来事を後ろから見ている証人になる人達は、私のことを悪者だという話になりおばちゃんに話すことになります(これは操作されているから、そのチャンスを作られますし、確実にお膳立てをされます)、おばちゃんが覚えていないのは辻褄が合わないから、その為に病気にさせられたと思います。

ここまでやるのだと思い知らされました。この犯罪は。相手がどうなろうと関係なく、いざとなれば罪のない一般人に罪を着せるのですから。(だからこの犯罪ではデータを取り続けていますね、色々知る内にこの意図も判ってきます。冤罪にする為なんだということです。色んな暴露を見てつくづく判ってきました)

残念ですが、こういった話はなかなか出来ないし通じないことで、こういった体験をしている人にだけ判る話になってしまいます。私もリアルでこういう話をしたくても出来ません。しかし、被害報告をしないとこの犯罪は奥が深くて得たいのしれないモノですから、自身の為にも被害記録は取るべきだと思いますので、心に決めて書いています。今までも途方に暮れるほどの悪意ある手の込んだ内容である為、書くことすら諦めておりました。

だからと言って、この話題を西〇のおばちゃんに出来る話でもなく、他の人にも通じないことですが、これが事実であることは100%間違いないことなのです。

凄すぎる現実。映画のような世界に身を投じているも同じです。信じられない世の中になっています。殆どの人はその事実を知らないということなのです。そしてそのおばちゃんはこの犯罪のはの字も知らない人です。

こういう経験をしているから「自覚している人だけが被害者ではありませんよ」とハッキリと言えるのです。他にも自分や身内や周囲を思い出しても、見渡してもそれは解ります。
私も知らない間、何十年とされてきましたから、認識している人だけが被害者ではありません。何も知らないだけで、確実に操作された中を生きているということです。

しかし、一人の罪のない人間を嵌める為にこういったハイテクを網羅し、ねつ造事実の証人を作ってまで手の込んだことをするというのはホントに正直呆れを通り越して、この犯罪の徹底した本性を見た思いです。まさに完全犯罪。

*病気が簡単にできるのか?と言う疑問に対しては、サイドメニューの【五感送信技術】の動画をご覧ください。そして私も記事にしているモノがありますのでこちらもご覧いただければと思います。下の方に「人体周波数リスト」なるものが存在しております。この情報より更に磨きが掛かっていると思います。
https://mugendo8.blog.fc2.com/blog-entry-661.html

(つづく)

2017/11/27 (Mon) 22:05 | EDIT | REPLY |   

鯛釣草  

色々と思い返せば、限がないほど遣られていました

https://mugendo8.blog.fc2.com/blog-entry-567.html

過去の嵌められたことは記事にしておりますが、今回のことはずっと説明が難しいと思い記事にしていませんでしたから、やっと思い切ることができました。このURLの時点では判らなかった私のジャックもこのオッサンの仕業だとわかりました。

記事にしたことで思い出したことがあります。

このおばちゃんの仕草で、この件以前にもそういった目線をされたことがあり、ショックを受けたことがありましたが、その時もジャックされていたと実感しています。

全くこういう経験のない人や、認識のない人は判らない話になりますが、自分が体験して、今までその人の表情だったと思っていたものも、されていたかも知れないとも感じています。

そのくらいあちこちで起きていると思っています。過去を顧みて実感しています。

家族内での違和感があったことも、何故こういう途方もない質問を大声でするの?と思ったことがありますし、そのことを追及できない(違和感があることを感じても何か判らない恐怖におののいていた、この犯罪を知らない両親が健在の頃からの話です)ことも多々ありました、そういった操作をされていたものと今なら実感できます。そのどれも私が嵌められた場合のことです。当時はこういうこと(←乗っ取り操作のこと)を知りませんでした。

家庭の不和も離間も不幸を作ることが出来ると思っています、逆に自分たちは良い方へ使っていると予想できます。


              

2017/11/28 (Tue) 00:07 | EDIT | REPLY |   

鯛釣草  

この記事を見て思い出したこと

父が亡くなったあと、母と二人で過ごしておりました、その時も不法侵入、畑の悪戯、植えたものの悪戯などあとを絶たず、防犯に対する準備など、思いつく限りのことをし始めていた時のことです。

父亡きあとは自分がしっかり母親を守らなければという使命感があり、そんなとき、寝室の天井直付けの明かりが切れたのです。今までなら父の仕事だったものを自分しか居ないので、脚立に登り背が低いので普通に出回っている脚立の大きさでも、一番上に立たないと届きません。それを必死の思いで終えて降りようとした時に、下を見るのは怖くて、脚の間隔だけで降りようとしたところ、自分の間隔が実際の段より大きく足を置いたので、まったく段がなく、どこをまさぐってもないのでしまいには斜めになり落ちてしまったのですが、その際、母がそばに居たのですが、全く別人だったのです。

普通なら、取り越し苦労性な母のこと、脚立を持ち落ちないようにするのにしない、しかもそれだけではなく、立っている姿勢が全く母じゃないのです。仁王立ちにして両手を広げたようにして立っている、そういう姿今まで見たことがありません。言葉を掛けるでもなく、落ちた私に言った言葉が「ほーら、天罰覿面よ!」と言う言葉を放ったのです。

この時、母がぼけたのと思うことにしていましたが、後日このことを家族に話したのですが「それが全くお母さんじゃないのよ、別人なの。口から出る言葉も全くお母さんじゃないし、ホントにオカシイ!」と話したのを今でも覚えています。

こういうことは父にもあり、他の親族にもありました。対人関係の人も、皆影響を受けていたと思われる別人の違和感を感じることが多々ありました。

普通の日常に置いてこういう風に、感情送信の操作と言うのをしていると思いますが、ジャック体験したことで過去のこういったことが思い出され、理解できるようになっています。

防備録として記録しておきます。

2017/12/05 (Tue) 23:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment