ブラックハッカーの手口その②

ブラックハッカーの手口を先日投稿しましたが、また新たに見つけました。体験からです。

元のOSが駄目になったのも関係している案件なので、この手口は元から使われていたと思います。

再起動やシャットダウンしようとしたときに、延々 矢印マークが回転して限がないのです。その長さが尋常じゃないのですが、途中で終了できませんので待ちますが、今回も延々なり待ったところで終了でも再起動もしないから、強制終了をしましたが、念の為スキャンをすると仕掛けられていることがわかり解決してもらえますが、こういう何か判りませんが終了しないようなモノを仕込んでいるので、異常を感じた側としてはブラックハッカーに常日頃から張り付かれているから、何かされていると思って慌てて強制終了などしてしまうからHDDを痛めることに繋がります。

念の為言っておきますが、アクセスランプが点灯している時などに、幾ら焦っても強制終了はだめです。HDDが壊れます。前のOSはこれを遣られてお釈迦になりました。この時の体験があるから、幾ら焦ってもランプが落ち着くまで動きません。これで回避できます。

そして何か異変があった時は、スキャンはマメにする癖をつけておきましょう(笑)

                         応援clickお願いします

関連記事

0 Comments

Leave a comment