ブラックハッカーの手口の一つ

常々感じていることですが、ブラックハッカーと呼ばれる人達の手口の一つ

Windowsの更新やセキュリティソフトの更新の際、侵入しようとしている件。

過去のOSの際それがよくあった。OSとセキュリティ対策ソフトを交換したばかりで、OSも初でそのセキュリティソフトと両方に対する慣れがなかった時期に、うっかり嵌ってしまっていた様子。特にセキュリティソフトを替えたばかりで、何もかもが初体験の時でまだ使い勝手も判っていない時だったから、その偽のwindowなんかにまんまと嵌められてしまったことがあると思っています。だから、その前のwindows7は色々と遣られていた感が否めない。

今OSは変えてwindows10になっています。セキュリティソフトも慣れてきているので、間違うことはありません。

先日windowsの更新がありましたが、その後いつものようにタスクバーiconを右クリックすると出て来る【コンテキメニューが全く異質】(;'∀')【セキュリティソフト側】と【windows側】ですから全く大違いなのです。

幾ら何でもこれほど違えば誰でもオカシイと気づくのに、ずうずうしいと思う。clickせずに再起動したら、それは見事に消滅してくれました。あの手この手で侵入を試みていると感じます。

この時もスクショを取っておけばよかったとつくづく思いますが、もともとこういう呑気な性格の為なかなか気づかないで過ぎることが多いのです。今度こそ!と思っております(笑)

更新のどさくさに紛れて侵入しようとしているのは確実です。セキュリティソフトがいつもブロックしてくれており、赤い〇がついておりました。その隙を狙っているのは確かですから、気を付けてください、と言っても相手はプロだから素人で出来ることは限られていますし、その都度異変が起きた時にサポートへ行きますが、それを尽く阻止するために通じないようにされておりました。慣れて来るとこちらもあの手この手でサポートへ行きましたけど(笑)とにかく更新が行われるときは要注意です。

私はNortonを使っておりますが、Amazonでのレビューに買った人が[サポートがない]と言うように書かれて新たに他のソフトを購入したというクレームがあったと記憶していますが、それは恐らくこういった人が阻止しているんだと思います。推測に過ぎませんがたぶんその方も被害者だと思います。Nortonは電話とチャットとその他にはコミュニティのサポートがあります。(注:コミュニティはずっと使っておりませんので最近の事情は知りません)サポートへ行こうとすると繋がらないページにさせられることが多々ありますが、何度も繰り返して繋がるようになっていたと思います、私は諦めたことがありません。

|追記|話題は変わりますが思い出したので記録します。Twitterのことです。

フォローとフォロワーとありまして、その数が替わります。もちろん退会した人も、凍結された人やフォロー外しの方も居らっしゃるとは思いますが、その数が凄く増えたり、また逆に減ったりするのです。私がフォローも何もしていないのに変化があって、しかもフォローが新たに加わっていないのに、この数の変化はオカシイなと思って、たまに遡って見ることがあります。

なんと、不思議なことに遭遇したりします ^^;

アカウントが並んでいますが、そのCさんと例えて書きますと、ABCD‥と並んでいる中、ABCCDF‥と言う風に同じものが並んでいるのです。それは何度も見かけましたし、その本人はそのことを知らないことと思います。疑わしい人でも何でもないと思っていますが、何かされているのでしょう。何か判らないけど、アカウントの調整かアカウント乗っ取りの為にそういったことになるのか判りませんが、今までに何度もこの場面に遭遇しております。

これが不正が行われている瞬間なんだろうかな?と漠然と思っていますが、何の為なのか素人の私には全く意味が分かりませんが思い出したことなので忘備録として書き留めておきます(笑)

                           応援clickお願いします
関連記事

0 Comments

Leave a comment