玄関の鍵また付け替えました。4回目

いつも仕掛けられての付け替えなので、今回も締め出された時に遣られた感があったのですが、防犯ビデオのチェックすると・・・

不思議なことに何も起きていないのに、鍵が内側から掛かっている。こういうことはありえないと思うのですが、遠隔から鍵をしたりできるのでしょうか?

もとはドアでしたが、明かり窓を付けていても暗いので引き戸にした為、築年数とは違うものになります、近所では一番新しい部に入っています。同じ頃に付け替えたお宅は新品のままなのに家は築50年近いお宅よりずっと古いのです、100年くらい経っているように見えます(家庭版ケムトレイルの所為です:カテゴリのケムトレイルの2番記事に動画があります)

昨日は洗濯を干すほんの3分の間に離れて戻り、玄関の中へ入りますが、何事もなく戸が開き出入りしています。その際、反動で閉まるようにビシャリ!と強く締めたりしていません。ゆっくりと、最後まで確認した閉め方で、横の通路を通って戻り、花柄摘みをして手を洗って戻り、そういう感じでどこかへ行ってしまうようなことはしておらず、ほとんどその場を離れていないのに、中から鍵が掛かっているのです。誰も居ないのに。

カメラはすべて写るアングルではないので、その肝心なところに一部分死角はありますが、屈んでいても何か操作するとした場合、戸が揺れるし、影が映るからその戸を見ていれば何か異変が起きているとわかる筈ですが、何も変化起きていませんでした。

狐につままれたようなことですが、中に入れないので仕方なく鍵の110番へ電話して開けてもらいました。

今回の鍵屋さんが、戸を一目見て「これ、ピッキングに遭う鍵ですね」と言われました。自分では縦のカギはピッキングに遭いやすいと見たので、勝手口はそのカギですから、中からも鍵が回らないように細工して頑丈にしていますが、玄関は調べて横のカギにしているので、安心しておりましたが、言われてみれは何度も遣られているのは確かなのですが、そう言われると気になりました。

「今は、頑丈なセキュリティに特化した鍵があります、」言われましたが、値段も張りますし、考えていると「今なら2000円割引します。」と言われて「セキュリティ強化した完全な鍵で、この鍵に替える人が多くて、今日も何軒かそれをしてきました」と品物を見せて頂きましたが、なるほど普通のカギとは違う細工が施されていました。

付け替えしていただくことになりましたが、被害者ですから何をされてもこれで大丈夫と思えない今までの経験から「ひょっとして、これは前より侵入しやすいのではないかしら?」などと勘ぐってしまう癖がついてしまいます( ˘•ω•˘ )

ホントに狐につままれたような出来事で、あっという間にお札が飛んで行ったのですから、これで終わりにして欲しいと願うばかりです。記録として書いておきます。

                       応援clickお願いします
                                   
関連記事

0 Comments

Leave a comment