(妨害繰り返されて)放置状態の畑

・・・気を付けているつもりが、つい水遣りを怠ります。


盆過ぎなのにこの暑さ。本来なら、朝晩の水遣りするのが理想なのはわかります。
ついつい忘れて放置なので、キュウリは早くから下葉が枯れている(''_'')
ちゃんと最初は遣っていたんですよ。これでも。

ところが、楽しみにしていた温州ミカンをことごとく捥がれ、スイカを悪戯され破壊され、まくわ瓜を破壊され、おまけにゴーヤは雌花が咲かず一つも出来ていなかった。

意欲減退しますよ。。。それは。

草花には毎日の水やりは怠らずに務めましたが、菜園の方は・・そんなわけで草も伸びております。ヤブカラシがあちこち芽が出ておりましたが、以前なら掘って掘りまくって対処しておりましたが先日見つけた記事によると、7月の下旬くらいに丸めておけば枯れるとあったのでtry。

ところが今年の暑さは異常で・・・
7月下旬にその工程を遣りましたが、嘲笑うように活気づいてきます。幾ら丸めても起き上がって活力ある形になっています。

8月下旬、まだまだ勢いが半端ありません。種もつけております。

秋を迎えて、完全に枯れたらその時は除けようと思っていますが、今のところヤブカラシ全盛なわが家の畑です。

だから、コスモスや草花もうっそうと茂っており、綺麗だという実感が湧きません・・・。

《ところが、水遣りあまり必要のない作物は凄いです

トマト、限がないくらい生っています。脇芽はいつも取り除いておりましたが、あっという間に芽吹いて増えるので追い付かず放置なんですが、私が食べる分は十分にあります。もう処分しようかと思うほど、脇芽伸び伸び。本来は一本にするべきなのは知っていますが、お店に出すわけではないので自己流で育てております。その結果手が付けられないようになってます(;'∀')
スイカもそうなんです。あまり水やり丁寧にしないでもいいものなのです。むしろ水遣り過ぎると美味しくないのです。甜瓜は一つも食べずに時期を終わろうとしております。
全く縁もゆかりもない加害者が、他人の作物を破壊しまくっております。

スイカ、まくわ瓜を何度も遣られた後に「動物の所為にしているけど騙されない」とTwitterで書いたものだから、あちこち動物の仕業に見せかけて笑いが出ました。

・私手作りの通せんぼを片側を外して如何にも動物が此処を通ったという見せかけ。それを4日ほど繰り返しておりました(笑)

・家の裏の通路には、梅の実程の大きさの柿が落ちていますが、実をつけすぎて落ちる整理落下や虫に遣られで落ちているのではなく落ちる筈のない正常な緑色です。

そして歯形を付けてあちこち齧って放置しています。いかにも「動物が齧ったんだ!」と言わんばかりの演出の荒らし方です。

築50年近くなり、子供のころからこの土地に住んでいますが、未だかってこのような緑色の柿を齧っているという光景は見たことがありません(笑)ほんとにアタマで考えた動物の仕業に見せかけようと必死です。


この犯罪を知らない人は騙されるかもしれませんが(・∀・)

そして今現在はなりを顰めております。

ようやく・・・盆に欲しかったスイカの小さいものが出来ており、収穫しました。
 高さ14センチと9センチ弱のものが熟れておりました。

|追記|
先日、花壇に死骸を置かれたことは記事にしましたが、今日Twitterで「カワウソ」の動画が流れて見ていたんですが、ふと思い出したことがあります。その手が死骸を置かれて見た時の手と同じものだったんです。猫なんかの手と違って、指が5本あって細くて白くて、外側の毛の色が茶色とグレーの混じった色で、そのコントラストも覚えていてカワイイ手をしていたのが忘れられませんでした。顔は伏せていたので、見ることも見る勇気もありませんでしたが、まさにそのカワイイ手をしておりました。


                       応援clickお願いします
                                   
関連記事

0 Comments

Leave a comment