肉眼では見えない、赤外線で確認できる現象 ➀

この被害に遭ってから、防犯カメラを設置しています。それ以前はそういうモノとは全く縁遠い生活をしていたのですが、不法侵入をくりかえされ、畑や庭に悪戯されることが続いて、設置せざるを得ない状況になりました。このカメラによって、人間の目で確認できないものが映されるという現象が起きています。

夜間は暗視カメラということで「赤外線」を通して見ているのですが、昼間見える景色は普通に私たちが見ている風景ですが、夜間は白黒になります。毎夜のことになりますが、設置しているカメラに呼び寄せられているのかと思っておりました。地面から湧き上がる形で、よくTVなんかで見たことがあると思いますが、オーブというモノ。白く丸いものなんで、それが生きたもののような勢いであちこち漂っているのですが、カメラのあたりへ向かっていきます。それは僅かではありますが、夜になれば虫がカメラか防犯ライトに集まってくるんだろう位に思っており、別に気にしたこともありませんでした。いわば幻想的な風景にもなっておりましたので。

ところが、異変があるとわかるように常時モニターをつけておりますが、寝ようとしたとき、画面には猛吹雪きになっているのです。それはカメラやレコーダーの異常ではなく、どのカメラも吹雪いている状況が映し出されておりました。

別に寒さを感じないのですが、ここのところの異常気象によって、一時的になっているのかと思いました、とりあえず自分の目で確認しようと外灯をつけて窓から見ると、何の変化のない日常の景色になっております。画面を見ると豪雪地帯のしかも吹雪きの状態で、風に追われて斜め降りの激しいものになっているのです。しばし唖然と見つめておりましたが、目に見えない照射を受けている者としては、この光景は素人で何もわかりませんが、わたしの家をめがけて何か見えないものを振りまいているということだけはわかります。

ずっと見つづけて居られませんから、寝てしまいましたが、今朝確認すると2時間、きっかりその猛吹雪状態が続いておりました。ケムトレイルといい、一般人には理解できない計り知れないことが日常行われていることは知っておりますが、その延長上にあるのか、単なる悪戯なのか全く検討もつきませんが、このようなものが気付かない間に撒かれているということの確認は出来ました。何なのかわからないのですが、洗濯を屋外に干すことも危険なんではないかと思いました。 この犯罪をしている側のお宅は屋外に干さないらしいです。 情報は回っているでしょうから。一体全体何をしているのでしょうか。

しかし、この状態を見つけるには、防犯カメラを設置していて、尚且つ夜間(深夜1:30~3:30)に見ることがある人(設置していてもモニター常時つけているとは限らない為)以外は気付けないことですから、至るところで遣られていることも推測できます。

--------------------------
ラジオライフ.com  (参考サイト:一部抜粋)
http://radiolife.com/security/detective/2859/

赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
人間の目に見える太陽光線は「可視光線」で、その前後には人間の目には見えない「紫外線」や「赤外線」が含まれています。見えない赤外線ですが、実はカメラの目ではしっかりと撮影されるのです。
-------------------------

夜になると、動物の目がキラリとひかりますが、生きているものは草や木や虫など、赤外線を通して見ると何でも白く映ります。その白さが薄れると枯れているとわかります。それで、夜行性の動物は餌(虫)を探すことが出来るようです。

                 応援clickお願いします
                                     
関連記事

1 Comments

鯛釣草  

この結果として残されていたもの

こういうモノが撒かれているとカメラで認識できたのですが、この影響は実際に跡としても残っています。

雨戸の戸袋がこの撒かれる側のものは丸い黒いシミが幾つもあります。そして物干し竿、これは購入して2.3日でサビが雨のしずくのように流れたようになっているのを見て、当初は漠然と集スト被害を疑っていたりもしましたが、何か判らない得体の知れないものを撒かれているこの加害と結びつけて考えることがなくて、ホームセンターがこういう質の悪いものを置いている、と認識しました。そのあとしばらくそのホームセンターの信頼が薄れて、こういう粗悪品を売っているお店だと思って他店へ行っておりました。

被害者の中にはこういった状況の写真などアップされている人がいたり、ネット上でそういう写真やデータなど見ることがあります。その写真には酸性のものであると伺われるコメントが書かれておりましたが、見失いました。

この犯罪の被害は皆一様に同じものではないので、違う報告を見ていても通り過ぎてしまうことが多々あります。

しかしそう言った中に真実が紛れています。
実体験でそう思っています。

酸性だといわれると納得いく
*ステンレス物干しの茶色のサビ
*戸袋の黒いシミ
*玄関引き戸アルミサッシのサビ(これは白い:アルミのサビは白です)

玄関の引き戸のアルミサッシは近隣では遅い方(昔はドアだったのを引き戸に替えたもの)で、古くからのお宅が変化ないのに15年は遅い我が家の戸に起きている変化であり、自然では起きないものなのです、なぜならば吹きさらしの条件化ではなく、風も遮るような立地条件化であり、雨は長い庇があり打ち付けることはありません。

これは、近隣に居ないとできない操作だと思います、その時間にヘリもセスナも飛んでおりません。深夜ですし飛んでおれば音でわかります。(*加害者は近隣には居ない説。*被害で遣られてパニックになり見るもの全てが妄想だという説に対するものです)

そして、もう一つ近隣に加害者が居る証拠としては、防犯カメラ設置した日、あまりの嬉しさと安堵から、近くのおばちゃんのところへ行って設置したことの報告立ち話のほんの5分の間に不法侵入されて、生きた黒アリ30匹ほど洗面化粧台の洗面器の上、後ろのボードやかごの中に振り入れられており、出る際には鍵をして出ています。近隣に居なければできない早業です。

だから、被害状況と言うのはその被害者被害者に依って違うのですから、人それぞれのこの犯罪の解釈があって当然ですが、一様に全てがその人一個人の考えを当て嵌められないのではないかと私は個人的に思います。

そして、もう一つ残酷な被害跡が残されておりました。物干し竿は3本ありますが、それにひとつ蛸足のプラスティック物干しを引っ掛けておりますが、クモが干からびてミイラになってハンガーにこびり付いていたことがありました。

この田舎に何十年と暮らしておりますが今だかってこういう物を見たことがありません。これは即座に撒かれているものを疑いました。夜間の赤外線での防犯カメラでクモの様子など見ることがありますが、夜中にうろついていても、翌日も其処に居ることはありませんしクモの巣もありません。

寒さもまだなかった時期でしたのですが、この撒かれたモノによる死だと思います、しかも自然ではない死です。そのハンガーは洗って綺麗にしたばかりなので、撒かれたことが原因の即死だと思います。

であればターゲット自身の体、精神は勿論実際に体に影響を与えられます。

2017/02/17 (Fri) 12:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment