人非人

今日、お墓掃除に行ってきました。日差しが強くて汗だくになりながら草取り作業をしましたが、いつもお墓の草には悩まされていたので、防草シートを敷いて石を置くことにしました。それで随分抑えられて草があっても抜きやすくなりました。それでも草を取って、シートを敷き詰め、石を置く作業も大変でしたが、先の草取りの煩わしさを考えてのことだったわけです。

ところが、今日シートの上の石は下に落とされ、シートをはぐったままの悪戯なのか、石を敷きつめていたのに、この石の下はどうなっているのかとの疑問から見たのであればシートを見て元に戻して石を敷くのが人ですよね。明らかに綺麗に敷き詰めていたものをはぐりシートむき出しにして石を落としたままにするという行為はもはや人間ではないと思います。しかもお墓ですからね。

父が元気だった頃に、花たての中にあるプラスティックで出来た水を入れる花瓶を一つだけ抜いておりました。そのあとに、わざわざ一つ買い足したものですが、こういう墓に悪戯をする人の気が知れません。日本人ではないと思われます。他のものならいざ知らず、お墓を荒らすと言う行為は、日本人はしませんから。人非人しか思いつかないことですししないことです。呆れてものも言えない状況です。

こういうことをして鬱憤を晴らすということなのでしょうね、理解できません。

我が家の防犯カメラの死角の悪戯は、今でもあります。

先日お風呂場の網戸とガラス窓を外して洗いましたが、私がしない位置に網戸を開けようとした指のあとがありました。私は背が低いので、其処は使いません、第一外から開ける動作そのモノをしませんが、もしも私なら其処は届きますが、位置的にもっと下になります。あけようとした形跡があったのです。そしてその隣は勝手口になりますが、内側から鍵をかけているので、外から開ける動作をした為に、内側から鍵を解除しただけで戸が開きました。私は外から開けても居ませんから、網戸を触った人、外から勝手口を開けた人が同一人物だと推測できます。そして、昨日の朝、網戸にしてロックしようと思ったら、ロックができないので??不思議に思いよく見ると、網戸が移動しているのです、外からです。中のガラス戸を閉めていたので無事だったわけですが、これ、もしもガラス戸をしていなかったら、何か虫を入れられていたと思います。その日の夕方、その窓の延長にある通路で、真っ黒なイモリかヤモリを見ました。これを入れられるのだったのだと察知しました。こういうことを真剣に繰り返している大人が居ると言うことも考えられません、大きな隔たりがありますね。乖離。こういうことも日本人ではしないと思っています。何年もの長きにわたって、飽きずに犯行を繰り返すことは日本人に思いつかないし、続きません。この執拗さは、お得意のお国の方なのかも知れません(笑)

熱帯夜真っ只中、暑くて寝苦しい毎日です、昔なら、自分の家ですし、網戸にして寝ていたことがありましたが、そういうことをしていたことが恐ろしく無防備だったと知りますが、この界隈に住んでいる人達も、網戸のまま寝ていたり、鍵をせずに外へ出ることはあると思います。私のことを知っていても、見ていても自分は問題外だと思うのが世の常ですからね。そういう人達が居ることも私は訴えておりますが、実感として湧かないようです。自分家は大丈夫と言うことになっておりますから(笑)チラシも配っております。それ以上の事細かに言いたいのは山々ですが、証拠があるわけでもなく(ローテク以外)、被害者であるので、下手すると被害を酷くされる境遇にあるのですから、これ以上訴えようがありません。察して欲しいと思っております。

まだ防犯カメラをつけることもなかった、父が元気だった頃、網戸に外からあけようと繰り返して裂けているところがありました。こんな田舎にそういう不審者が居るとは知りもしなかった、こういう犯罪の知識もなかった認識もしていなかった疑いもないときだったら、ただただオカシイと思うことだけで済んでおりましたが、とっくに遣られていたとわかります。

色んなことがあり走馬灯のように思い出しますが、書くこともアホラシイと思う内容ですし、絵空事のようなことを執拗に【これでもか、これでもか】と遣られておりました。

こういうことを繰り返している加害者に、ブーメランというものはきっとあると思います。

                   応援clickお願いします
                                     
関連記事

0 Comments

Leave a comment