マニュアル通りでした(笑)

新上五島さんの固定記事にあるように、被害者には付きまといとしてパトカーや救急車が頻繁に遭遇するように電磁波で操られているとありますが、今日そのモノずばりの体験をしました。毎回遭遇するのですが、今日は幾ら鈍感な私でも解る単純明快なものでした。

コンビニに行くのに、片道10分掛かるかどうか、そういう距離感です。コンビニに行くには2通りの道がありますが、私が使う道で行きがけにパトカーが追い越します。それからコンビニで買い物をして数分経って帰宅途中の道でまたしてもパトカーが通過してきます(笑)そして徒歩ですからテクテク歩いているその目の先にはパトカーが停車しております。

毎回コンビニに行くと、パトカーに遭遇しますが、気にしていなかったわけですが、今日のように【これでもかっ!】と言う頻度だったので《記事にしなくては》と言う気持ちになりましたので、書き留めます。

私の買い物が遅ければすれ違うし、お店側でも、他のお客さんでも、何かあって手間取れば遭わないことになります。それなのに【待ってました】とばかりに遭遇するなんて、よほど操作されているとしか思えません。因みにこのパトカーはネズミ捕りをショッチュウしています(笑)いつか、コンビニの行き戻りで計2台捕まっておりました(笑)

同じ箇所で繰り返しているのに、捕まる車が跡を絶たないというのも変な光景だと思います。ひょっとして知らない間に操作されていたり・・ってことはないでしょうね(笑)車を運転しないから、そういうことはわからないのですが、不思議な光景だ、といつも思っております。

                   応援clickお願いします
                                     
関連記事

0 Comments

Leave a comment