加害者の身勝手なリベンジ

他被害者さんのブログを久々に閲覧して、ヒントを戴きましたので、実行しました。

そのヒントは「被害を受けているとき(テクノロジーの場合)、相手に跳ね返す」ことを念じると相手に行くらしい”というものでした。毎晩寝掛かると照射を受ける私には朗報この上ないものです。早速念じましたところ、大成功で、その日は照射らしいものはなかったのです、ぐっすり眠れて気持ちよく起きれました。ところが朝は少し頭痛がある程度でしたが、そのうち酷くなりこめかみの辺りもビンビン来ますし、食欲はおろか気分が悪くてたまりません。力もなくなり、起きていても何も出来ない状態が続き、着替えて寝ておりました。頭痛が激しくされてたまらないので、薬(カロナール)を一定飲みました。頭痛は軽くなりましたが、いつものことなんですが、薬を飲むと戻すことになります。戻すのはあと気分が楽になるので、別に苦にならない方ですが、戻してもまだ気分が悪かったのです。程なくしてまた戻し、結局この日、朝食を摂ったものはなくなりましたが、何も食べる気持ちはおきませんし「少しでも口にしないと」と普通思うものですが、最近の暴露情報を見ると、そういう食欲のないときや体力が低下しているときに無理に食べることの愚かさのような情報を見ているので、何も気になりません。むしろ3日は食べずに体の中のリセットというようなものが出来るようなことを見ていますので、体重が減るのは残念ですが、そのことに関する心配はありません。

ところで、今更ではありませんが、この犯罪を実行する人達の卑怯さには呆れますね。

自分に返るとなると照射の手元があのように鈍くなり、躊躇いが半端ありませんでした。照射らしいものは感じられなかったのですから。自分にされて嫌なものを平気で毎晩連打で私は受けております。幾ら文句を言ってもやむことはなかったものを、自分に降りかかるとなると、しないという身勝手さ。

寝かかるときは照射がありませんでしたが、私が寝てしまったあとに照射されたようです。かなり酷いリベンジを受けました。この対処法は実際に使えると思っていたのも束の間で、相手のリベンジは相当なものを遣られますので、結局のところ使えません。

元はと言えば、加害者勝手、無差別に一方的に遣られている被害であるのに、被害者の方が対処法を使うと更に酷くされると言う、何の権限があってこういう全く縁もゆかりもない者に、そういった手ひどい扱いを受けなければならないのでしょうか!いい加減に、目を覚まして欲しいと思っています。

目に見えないものを照射して、病気を作り怪我を負わせたり、あらゆる不幸を作りながら、証拠が残らないのを良いことに知らん顔をしている日常なのです、されていても気付いていない人のほうが多いのです。人は皆《自分の怪我》《自分の病気》《自分の身に起きた不幸》だと思うものでしょうが、その実、そういう人の陰の操作をされているのです。全く気付いていない人は、実感も沸かないと思いますが、ホントに酷いことが日夜あちこちで繰り広げられております。日本だけじゃありませんからね、酷いことが横行しているのです。

トップの固定記事をご覧になれば、お分かりいただけると思いますが、あのようなことを人知れずに行っている人達です。それは人事だと思っていても、あなたの住んでいるところにあちこち居ます。知らない振りをしてそういうことを実行しているのです。

この犯罪が公になり、撲滅されることを切に願います。

                   応援clickお願いします
                                       
関連記事

0 Comments

Leave a comment