防犯カメラ設置 嫌がらせ

我が家に防犯カメラを設置するなんてことになろうなどとは思ってもおりませんでした。

被害を認識してからブログを書き始め、他被害者さんのブログを閲覧している中で、証拠動画や写真など見てい乍、自分では咄嗟に遣られた痛撃や攻撃で体調を崩しても、証拠を取ることを殆ど気付かず、また一人の為にその余裕すらなくただただ翻弄されており、過去に、梅の木を折られたり、草取りをしていて、無知覚だったのですが膝が異常な痒みに襲われ見ると発疹ができているのですが、その形が照射銃の痕だと解るもモノで、丸くまとまった焦点の発疹で被害に気付きました。 あとは糞の置き去り被害、犬猫ではなく、明らかに人間がしたものです。そのくらいの被害は、父の形見のケータイでは一応撮ってはいるもののネットに接続していない電話専用の為に、PCに取り込むこともできず、デジカメで撮ってもどのくらい映せるのかと思います。拡大できるものならば好いのですが・・。

そういう被害だったものが、昨今では明らかに不法侵入の痕跡があり、これほど鍵の山と谷を入れ替えて、不法侵入したことを相手に知らせると言う普通ではない悪質な悪戯を続けられているわけで、どこへも行けないようになっております。今度鍵を付け替えると3度目になります。

色んな業種でプロがそろっている加害側にすれば、素人相手に赤子の手をひねるが如く、意図も簡単な様子で、ちょっと用事に出た数分の間に侵入され気付かない間にも遣られていたようです。しかも、気付くように鍵の山と谷を頻繁に変えます。はじめ遠隔でできるのかと思っておりましたけれど、彼らはターゲットを常時監視しているので、ノンレム睡眠で、熟睡しているかいないかも把握しているから、確実にわたしが寝ている間ににゆっくり工作ができるのです。まさに完全犯罪ができてしまうわけです。痕跡を残すのはあえてターゲットに知らせる為であるので、鍵を開けて侵入していても、丁寧に鍵を掛けて出ているから、鍵そのものに印をつけていない人であれば、嵌る方で開けるから別に気付かずに居る人も多いと思います。

知らない人も居るかもしれませんので、ここに書きます。鍵にはナンバーが刻印されておりますが、この番号を知られれば合鍵があっという間に作れてしまうわけです。鍵は肌身離さないから大丈夫と思っていても、要は番号を知られないように工夫しないととんでもない被害に遭います。何故そういう番号があるのかとさえ思います。この世の中、悪に都合の好いようにできているのです。

カメラ設置は最初は二つでした、それだけで安心だと思っておりましたが、電気屋さんがあわただしく新築を5軒ほど掛け持ちしているとかで、ゆっくりこちらの要望を聞いてもらえる状況ではなかったのと、私が何も解らないと思って、いい加減な嘘までつかれてしまったわけです。(上下しか動かないので設置「できない」の一点張り。その後頼んだ電気屋さんは360度自由自在にクルクル回ると言われました)肝心要な玄関を見渡せる場所に設置していなかった為に、先の記事、4月24日の街宣で留守の間に侵入され、街宣に行っていることがわかっているから最低でも3時間は帰らないことも知っているので記事に書いている通り色んなことをされたのです。

その翌日4月25日には、ゴミ捨てから帰って手を洗おうと洗面所に行くと、真っ黒なものが落ちているのでびっくりしました、「何!これ!」と。ありえないことをします。羽黒蟻をばら撒いているのです。洗面台の洗面器と脱衣かご、後ろの棚に計30匹ほどばら撒いていました。これは身内にも見せるべくかごに入っているのはそのままにしていたので、嘘でないことが証明されております。話では聞いていても実際に目撃して見せることができて、その被害認識は段違いでした。そのゴミ捨てのとき必ず鍵をしているのにそのときに限って、何度も用事ができて家に戻ったり繰り返していた所為で掛けるのを忘れて捨てに行ったのですが、これは操作によるものです。彼らは意識の操作もしますから、あわただしく何度も出たり入ったり繰り返し、何度も鍵を開けたり閉めたりして、気が散漫になっている、なるように仕向けられたのです。そしてゴミ捨てに行くといつもは何もないのに、そのときに限ってゴミをカラスに破られていて散乱していたのでそのゴミの処理をしたりしていつもの倍以上の時間を取らせられました。彼らはカラスや小動物の操作もします。このタイミングを見ても、その間に侵入し、蟻をばら撒く時間を稼ぐものだったと思います。参考記事 ←clickして下さい

4月30日までは、玄関の監視ができていなかったためにその29日にまた入られて、ビデオレコーダーが29日だけONになっていません。30日に追加カメラの設置の際、追加のカメラは出ますが、先に設置しているはずの画像が出ないのです。ケーブルは繋がっているのに??と思っていたら、カメラとレコーダーをつなぐケーブルのジャックを緩めていたのです!!ほんとに、悪あがきするだけしている子供の悪戯の通りです。それはすぐに見つけられて締めて元通りに映るようになりました。

鍵をしても何もならないわけですから、何処にもいけない日々が続きました。大工さんの支払いなどのお金を用意しないといけないので、28日には身内に家に来てもらい留守番をしてもらって、その間に外出して用事を済ませました。

4月30日に追加のカメラ設置を終えて、思わぬ出費をしてしまいましたが、肝心な玄関を見渡せる位置にカメラの設置ができ、動体検知での録画ができておりますのでコレで侵入は防ぐことができております。と、安心したのも束の間で、追加カメラ設置が終わって、安心してもちろん鍵をして近所に出ていた本の10分の間に入られて、電話とインターホンのモジュラージャックを抜かれ今度はエスカレートして、羽黒蟻をなんと60匹もばら撒かれていたのです!!(洗面台の洗面器、脱衣かご、洗面所の床、居間の床、キッチンの床にまで撒かれていた、)そして、廊下の電気を点けて出ていました。昼の日なか点けるわけがありませんので「もしや!」と不安が過ぎりましたがすでに遅く、遣られていました。彼らは、追加カメラをつけたのは知っているのですが、私が録画の設定をしていないのも知っているわけで!!その晩はマニュアルと奮闘して、設定を終えました。

ところがコレの続きがあります。もう、悪あがきの何者でもありません。カメラを設置しても、田舎で広いからどうしても死角があります。それを解っているので、その死角で遣られて、ジョウロをフックに掛けていたのですが、その死角からムカデを入れられていました。そしてそれを知らずに、翌日夕方に花に水を遣ろうと水を入れたら、何か動いているのですが、一瞬何が起きているのか解らないときが過ぎ『ん?ミミズ?何?』と、ムカデに気付くまで数秒を経過しました。泳いでいるのはムカデです。気は動転しているのですが「どうしよう!」と焦るし「証拠を撮らないと!」思いながらケータイを取りに戻り急いで撮りました。そして、近所に助けを求めに走りましたが、どこかで逃げられてしまいました。近所のお宅に見せようと思った時にはすでになかった様子でしたが、そのまま持って行き、踏んだらいいと言われたのですが、何もありませんでした。

*設定をした日、モニターで画像を見ていると、何も動いていないのに、3度4度とセンサーライトが点灯したのでオカシイ?と思っていたのですが、そのとき加害者がムカデを入れる動作をしていたものだったのです。死角ですから映りません。そして留守中、侵入する前に、家に電話をして確かめています、それをごまかす為に電話の時間を狂わせていることも解りましたが、これは何年も前から狂わせられておりました、気付いていませんでした、電話機の不良だと思っておりました

一人を相手に、しかも相手は女性ですよ!(一応 ;^^A)  一個人に何人掛かっているのかと思うほどのことを執拗に何年もの永期に渡って繰り返す相手は大の大人ですよ、世間では好い人で通っている人です。その実、このような犯罪を繰り返しているのですよ!あなたたちが居なければ、防犯カメラも設置せずに済みます。でなければその嫌がらせもせずに済むというものですよ。自分たちでそういうことをしておきながら、嫌がらせをして何を遣っているのかと思わない、洗脳された人が息を潜めて暮らしていると言うことです。 

こういうことをしないでは居れないのでしょうか?!日本人には理解できないことだと思います。その発想もありません。糞にしても蟻にしても、壁チョロやイモリ、芋虫、ムカデと限がないのです。そういう昆虫や小動物を飼っているのでしょうね、蟻をばら撒くのは有名で、清水由紀子さんが生前、被害を訴えていた動画に【蟻をばら撒かれた】と言うものがありました。その被害を実感しました。あちこちで蟻の被害が報告されていて、潤う会社もありますね?そういうことになっているのですね。

家の母は生前『ムカデノイローゼ』になっておりましたよ。こういうことをする人達でもムカデは嫌いなはずですよ、そういうものを人へ嫌がらせをする行為そのものに恥じない、子供でもしないような悪戯を繰り返しているのですから。いい加減にしてください。見えない攻撃を見えないことを好いことに、散々したい放題遣っていますが、いつか天罰が下ると思っております。

                  応援clickお願いします
                           
関連記事

0 Comments

Leave a comment