音声送信の声は女性

私の場合、会話形式ではない音声送信なんですが、私が思ったことと同時に流れている声は女性の声なんです、コンピュータの声のようなものじゃないんですが、思ったとおり、同時に、しかもメールを読み直ししているときも読んでいるのと同時に声で流れているから、見られていると思うのですが、就寝時でも《考えたことが声になる》と言う、まさに【五感送信技術】を使われていると思っています。あの動画にある声は合成音声ですが、私に聞こえてくるのは、実際の40代くらいの女性の声です。これは声でアイウエオなど吹き込んで瞬時に変換するのだろうかなどと思うのですが、抑揚に違和感なく普通に喋っている話し口調なのですから一体どうなっているのでしょうか。

見られているとか読まれているなどと考えたりもするのですが、ズレがないのです。

色々就寝時に考え事しながら《さぁ、寝よう》と思って、誰にあてもなく自分で「おやすみ~」と呟いたら、こだまのように「おやすみ~、おやすみ~、おやすみ~」がエンドレスなんです。これは人間の声なんだけどそうじゃないと思うのはエンドレスというモノが機械的と思えます。でも声はいつもの女性の同じものなのです。しかも私はひとことしか発していないのです。

毎晩、照射されるので文句言ったり思ったりしているときもこだましてます。今はこだまはありませんが、読んでいます。ノイズが昨夜は一段と酷くされ両耳までキンキンされて眠れないので、仕方なく薬を呑み今朝はすっきりした気分で起きられました。その際、思いつく限りの文句を言いました。面と向かっては言えませんが、言わないでは居れません。ノイズは止みませんから、薬でいつの間にか寝ていたようです。

PWや大事な書類など見ているときも気が気ではありません。以前PWなど打ち込む時に、見えている数字をわざと違う数字に変えて口走りながら言っていましたが、これも鍵のときと同じで、違う番号を口に出ししていること、それさえも解っていて筒抜けなんです。もう、最初の頃は何をする気にもなれない所まで恐怖や怒りや脱力などで一杯でしたけど、今ではそれも開き直りで過ごしています。

曲の送信も、私が考えもしていない昭和40年代の頃のCMの歌や漫画など、もちろん曲でも子供の頃に流行っていた歌謡曲やフォークソングなんかもありますから、驚きますが、これは加害している対象が広く多く居る証拠だと思っています。というのは私がCDなんかを聞いたり、母に買った童謡や唱歌などCDを掛けていると、その曲がエンドレスで流れます。コンピュータだからすぐ覚えているし、誰か知らない人、その人が認識しているかどうかわかりませんが、その知らない人のところで現在掛かっている曲であると推測できます

だから自覚あるなしに拘らず、この犯罪が多くの一般人を巻き込んでいると言うことにもなります。


因みに今音声送信されている曲は《男の世界:ジェリーウォーレス》です。これは’70年代の資生堂のマンダム化粧品のテーマソングだったと記憶しています。 きっとどこかの誰かが今聴いているのです。
 
                   応援clickお願いします
                                                               
関連記事

2 Comments

超音波テロの被害者  

超音波テロの被害

超音波テロの被害にあっています。
卑劣極まりない被害にあっています。

何が起こったかわからないときから、
わかってみれば、
まだ世の中に知られていない超音波テロ。

世の中のどれだけの音の振動源・発信源が
使用されているのかわからないが、
多数の振動源・発信源がシステム化され、
ネットワークを通して、
超音波・音波を集中させて
対象を攻撃するらしい。

人や社会が襲われ、罪もない人が超音波で襲われ、
卑劣な被害にあっています。
聞こえる声、音。超音波テロの加害者の声。

「もらいました」という声とともに、
形のあるもの、ないもの、奪っていき、壊していく
超音波テロの加害者の声。
聞こえる声、音。超音波テロの加害者の声。

超音波による物理的な力で、
ものが飛び、ものが壊れる。
それが人間の体に対してまで。

身体の表面を突き抜け、内臓を攻撃される。
頭蓋骨を突き抜け、意識を失わされる。
聞こえる声、認識できない声で、精神的なダメージ。
人間の体を壊そうとする超音波テロ。

日本国中、どこにいても超音波で襲われる。
車に乗っている人間が襲われる。
歩いている人間が襲われる。
自宅で超音波の攻撃を受ける。

被害を訴えても信じてもらえない。
罪もない人間が超音波で襲われる。

「見続けるのがいやだから、殺して終わる」、
「証拠隠滅だ」という超音波テロの加害者の声とともに
強烈な超音波の攻撃。
叫ばされ、いたぶられ、それを口実にまた攻撃され、
超音波テロの、残酷残虐で、卑劣な攻撃の被害にあっています。
心の底から被害を訴え、祈っています。

天に神に届きますように。

2016/03/16 (Wed) 06:10 | REPLY |   

鯛釣草  

超音波テロの被害者さん今日は(笑)

> ネットワークを通して 超音波・音波を集中させて 対象を攻撃するらしい。

この犯罪は、目に見えない媒体を使って生身の無防備な人間に照射しているので、何も知らない人も知っている人も、すべての人が遣られていると思っています。認識している人だけが被害者ではありません。

被害者であっても、自身が気づいていなければ、信じられないと思っている人も居らっしゃいます。普通に気分が悪くなる、怒りっぽくなる、眠くなる、色んな病気の発作や動作のありとあらゆる操作ができてしまうのですから、それは長年こういう犯罪を知らずに生きてきた人にすれば自分の症状であり、家系の病気だと思ってしまうのは無理からぬことであると思います。

新上五島さんからの告発以前にも、被害者のブログで数えると500近い症状が作れると周波数も一緒に並べており、一時その文章もアップロードしましたが、当時わたしは恐る恐るこのブログを始めた(見えない激しい照射を毎日受けていながらの更新だった)ので、それは期間限定の公開にしました。何れまたアップロードするかもしれません。(追記:「人体周波数リスト」ありました。下記URLです)
http://blog.goo.ne.jp/aori45/e/0e1d72fd2f1d825eab4ff95dd9acbccc

アルミシートである程度、照射を防ぐことができる体験をしましたが、超音波だと思う、腹部から下半身の微動はアルミを被せても効果がありませんでした、毎日常時ノイズとともにされていますので、これは何か防ぐ方法がないものかと、切に思っております。

> 人や社会が襲われ、罪もない人が超音波で襲われ 卑劣な被害にあっています。 聞こえる声、音。超音波テロの加害者の声。 「もらいました」という声とともに、形のあるもの、ないもの、奪っていき、壊していく 超音波による物理的な力で、ものが飛び、ものが壊れる。 それが人間の体に対してまで。

わたしは去年転倒させられました。しかも、ちょっと躓いただけなのに宙を飛んだのです、躓く=>転倒ではなく、宙を飛び高いところから衝撃を与えられたのですから。膝を骨折する人は多いそうですが、あちこちで遣られていると思っています。しかも私は自分の意識を外に置かれていて防ぐことも何も対処出来ずにブレインジャックをされた経験があるので、言われることがよくわかります。

世の中の事件事故もこういう操作によって作られていると思っています。

> 人間の体を壊そうとする超音波テロ。
毎晩遣られているので、病気にさせられているのだと実感しておりますが、なすすべがありません。今も腹部には微動があります。

> 日本国中、どこにいても超音波で襲われる。 車に乗っている人間が襲われる。 歩いている人間が襲われる。 自宅で超音波の攻撃を受ける。

人が転倒するのは操作によるものが多いと思っています。

この犯罪が、加害者有利に出来ていて、同じ土俵じゃないと言う所に、加害者側の人間の質を問わざるを得ないと思っています。遣っている側はバーチャルなゲーム感覚かもしれませんが、生身の無防備な人間に遣っているのですから、一般の人が一刻も早くこの犯罪に気づいて欲しいと思っております。信じていない被害者さんも、自分がそういう体験をされたなら、信じざるを得ないと思いますが、加害者にとっては貴重な被害者さんでもあるので、そういう人へはハイテク技術を使わないのかも知れません。

コメントありがとうございました。

2016/03/16 (Wed) 12:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment