視覚のトリック

私が感じている被害で、見えているモノが実際と違うものに視覚のトリックを使われていると感じることがあるのです。実際に変化できないものだから、そう解釈するしかないのです。

玄関のアルミサッシの引き戸の鍵を交換したことは記事にしましたが、その後2度、奇妙なことがおきました。鍵には表と裏があります。表で鍵を閉める動作をして、裏で開ける動作をするとした場合、私は見間違わないように、印をつけています。それは大きなもので見間違うわけのないものにしています。ところがAで閉めるとなっているのに、Aでは閉まらず、Bで閉まるようになっているのです、本来ならBはあける動作のハズなのです。幾ら考えても、私が少しでも離れる時は鍵をしていきますし、細工が出来るわけがありません。半日居なかったとしても鍵はしておりますし。そのAとBを違う動作に出来るように替えることは可能なのか不可能なのか解りませんが、替えられているので動作をするとき非常に気味が悪いのですが、それをしないと鍵が出来ませんからその(替えられた)通りにしております。それが奇妙に数日経ってから元に戻るのです。

こういうことを鍵の交換の後、2度経験しています。解せないのですが、如何しようもありません。とても気味の悪いものです。その自分で付けた印は一向に変わっておりませんし、鍵の放置もしたこともないので、全く解せないことなのです。

これはターゲットを《統合失調症》に偽装する手段として使われているようにも思えます。被害が酷くされ始めるまだ以前に、映像の送信を受けたことが何度もあります。それはまさに其処に人が実際に居るかのように確実に見えますし、実際に本を見ている最中に人影(後姿)が見えたことがありましたが、それさえも加害者の操作によるものです。その人影もバスの中で攻撃されたおばさんの後姿ですし、前者は隣の主人なのです。実際に居る人間を使っていることは明らかです。こういう話を私が人へ話して《統合失調症》だと言われるように仕向けているとしか思えません。

そして今朝、変なことがまたおきました。

車庫の戸を開けようとするのですが、今までの数字では開かないのです。番号を変える動作をしたわけではありませんから、考えられることは夜の間に誰かがしたのかもしれませんが、今朝途方に暮れました。が、幸いにも一番違いで開きましたが、こういった悪戯をされています。この悪戯は、思考盗聴されていると思っているのでいつも鍵の開閉時にわざと一番違いの数字を口にする癖が付いているのです、それを知っているから、からかっているのです。この鍵は外にある車庫ですし、夜中に操作することは出来ると思います。
謎は玄関の引き戸の鍵です

テクノロジーを使えば魔法のようなことが出来るので、こういったトリックなど朝飯前なのかもしれませんが、ホントにいい加減にして欲しいです!ターゲットには、こういったテストをされていると思います。

*2月28日:追記*
玄関の鍵の外側から掛ける鍵2つの内、一つの端の方の鍵が2月27日に戻っていました。中央の鍵はまだ戻っておりませんが、端側の鍵は10日経ってから戻っていることになり、今回は正常に戻るのがいつもより遅いと思っておりました、ブログに載せたりしたからかもしれませんが、丁度戻った日に身内が来ることになっていたので、その日にあわせての回復だったのかもしれません。

                  応援clickお願いします
  
関連記事

2 Comments

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/02/16 (Tue) 15:56 | REPLY |   

鯛釣草  

成りすまし被害者

のコメントは承認致しませんので悪しからず。

2016/02/16 (Tue) 17:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment