全国的にはどうでしょう?

最近気づいたことがあるのです。

わたしの住む地域だけのことなのかもしれませんが、国道4車線の中央分離帯に緑化した地帯がありますね。木を植えたり、花を植えたりしているところ。いつも、きれいな街並みをあたり前のように眺め「きれいだな・・」とため息混じりに通り、花を植えているところなど、参考にしたいといつも思っておりました。プロなので、手際もよくあっという間に花盛りになり、草の一つも見当たりませんでした。植木も手入れされて、いい眺めでした。 

ところが、最近、何処を見ても放置、草ボウボウなのです。一応花を植えていて、きれいだったのに、あっという間に草もニョキニョキ生えて花丈と草丈と同じくらいになっています。つつじも手入れされていたのに、自然に花は咲いていても、草が見苦しいほどになっています。

こういうのを見せてもらうと、日ごろの有り難さがわかります。あたり前だと思っていたことも、“こういうことをしてくれる人達が居て、費用があって、その人達の労力とお金が使われてこそ、成り立っていたあの綺麗さだったのだな~!”と思い知らされました。(悲しいです)

それで、ピンときたことがあります。ひょっとして、今まで緑化に使っていたそのお金が、盗聴器や盗撮器に使われているのではないか?と。何も証拠もありませんが、いつかTVで「こうした、現場を監視するために、防犯カメラなどつける必要があると思います、その費用をサポートしてくれる人達が居ないか・・?」と言ったような内容のことを、キャスターさんが話していたのをはっきり覚えているのです。嫌な予感がしていました。

もしもそうだとしたら、何処も此処もプライバシーも何もあったものではありませんね。街中で盗聴発見器のアラームが鳴りっ放しも、頷けます。

どんどん、変な方向へ行っていますね。世の中・・・(涙

すぐ近くのバス停に、ポールスタンドが建てられて、便利になったと思ったのですが、その建てられたものの見回りか何か一人の人が作業していたのです。知らない人ですが、バス亭に居るわたしと目と鼻の先の距離。挨拶したのですが、ニヤニヤ笑ってその表情がきみが悪かったので、そのあたりから、疑っていました。わたしが被害者であることを知っているのかもしれない、その挨拶もなくニヤけた表情が、普通ではないと感じさせるものだったからです。

関連記事

2 Comments

nezuking  

No title

ネズキンと申します。
ブログへのメッセージありがとうございました。
鯛釣り草さんに質問があるのですが。創価学会はなぜ
集団ストーカーやテクノロジー犯罪をやると思いますか。
ご意見をお伺いしたいと思います。

2014/05/03 (Sat) 09:56 | EDIT | REPLY |   

鯛釣草  

遅れましてすみません^^;

ブログそのものが、まだまだ不慣れで、頓珍漢です(笑)非公開だと思い込んでおりました。コメントありがとうございます。

どの方のブログだったか覚えていませんが、戦後、GHQが若き創価の大先生へ《日本を操作するために指示した》という話を見ました。それで、日本で創価を広め、洗脳していき反日となったと言う内容でした。歴史の捏造など、色んな今行われていることのすべて、カルトといわれるものでなければ、そうそう簡単に一般大衆を洗脳できないからじゃないかなと思います。そして電磁波などテクノロジー犯罪は、1950年ごろから、すでに存在していたそうで、集団ストーカーそのものを、請け負う人が必要。

集団ストーカーの問題で、色んなページを訪問しますが、次々クリックしてしまいますので、URLをお気に入りに入れることすら、気づくこともないので、あとになって、もう一度見たいと思うことが多々あります。 調べるほどに、アメリカの存在が黒く・・・見えてきます。

2014/05/04 (Sun) 21:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment