健康志向品のトリック・被害者さんのコメント有ります!

加熱・農薬・添加物。野菜ジュースで栄養が摂れない3つの理由 click!


これは、言われてみればなるほど!!《目からうろこ》でした
健康を気遣う飲み物だと思って選択していました・・(^-^;

*この記事のカテゴリは≪医療・食≫でしたが、被害者さんのコメントが着いているため、カテゴリを≪わたしの被害体験≫に変更させていただきます。

                     応援clickお願いします
関連記事

7 Comments

浅瀬  

はじめまして

6月からテクノロジー犯罪に遭っております。
もしかしたら、もっと以前から遭っていたのかも知れません。
いろいろなサイトを探して、こちらにたどり着きました。
現在、最高潮のノイズキャンペーンに遭っていて
日常生活も、ままなりません。
全く余裕がなく、笑顔のない生活になりました。

集団は隣家に在住している小規模老人福祉施設です。
業務している様子が全くないのに、スタッフが24時間おり
大変不思議です。
まるでテクノロジー犯罪が仕事のようです。
ブログ主様は、被害に遭っていても、生活を楽しんでいるように
見受けられます。
一体、どうしたら、そのような心境になれるのか
ぜひ、教えて下さいませ。
よろしくお願いいたします。

2015/09/27 (Sun) 09:40 | EDIT | REPLY |   

鯛釣草  

浅瀬 さんはじめまして(笑)

おそらく浅瀬さんが自覚する以前からされていると思います。普通に暮らしていて、このようなことが日本国内で実際に起きているなんてことに気づきません。私も自分の体の具合が悪いのかと思っておりましたが、酷くされ始めるとどうしても説明の付かない、自然現象ではおき得ない攻撃に遭いますから、何度も繰り返されればオカシイと気づくと思います。

> 現在、最高潮のノイズキャンペーンに遭っていて
> 日常生活も、ままなりません。
被害者を認識したと同時に私も凄い酷い目に遭いました。
私も寝ていないと居れない状況に置かれ、リアルでの生活が出来ず、人へ話しても通じないことですから、大変な日々を過ごしておりました。最初は頭を縛り上げられるような苦痛も味わい、パルス照射というのですか?味わった人でないとわからないこの痛撃は吐き気を伴い、食事も出来ずに何日も寝たきりで居ました。でも攻撃は次第に変わっていきます。

家に居ると被害に遭う時間が長いわけですから、外出しておりました。ブレーカーを落として。電源は家から取られていましたので。外出に出たままということはありませんから、被害が起きる家へ戻るわけですが、それぞれに仕事もありますし、草取りなんかしていればその状況でさえも遣られていました。家の周りに加害者が住んでいるわけですから。

トップの固定記事を見るとわかりますが、この攻撃する側って、ホントに血も涙もない苛めを趣味としているのかと思えるほどに、信じられない限りをされます。虫の攻撃は家だけどうしてこうもあるの?と思うことしきり。固定記事にある虫を使う攻撃が書かれています。ホントにこういうことをする人が居るとは思わないから気づかないで当然ですが、姿が見えないことを良いことに、遣りたい放題を遣っています。

> ブログ主様は、被害に遭っていても、生活を楽しんでいるように
> 見受けられます。

このブログはびくびくしながらはじめましたが、こんなに酷いことをされていて「遣られるばかりで黙っていろ」とはあまりにも酷い話です。まだ被害に気づいていない人へもこういうことがありますよ、と警鐘の意味をも込めて無我夢中で始めましたが、被害は私だけではなくて、家族にも及んでいるのです。母は今亡くなりましたが、被害者でした。被害者を認識する前は父も被害者で亡くなっております。実は、ブログの内容も考えてセーブしております。記事内容によっては攻撃が更に酷くされるからです。母は攻撃をされてありえない方法で転倒させられて頭部を強打し血が溜まり、手術をしてその後、意識不明が一ヶ月続いた為に、意識は戻っても寝たきりになってしまいましたし、母のこと、私のことすべてを書こうと思う気持ちは多々ありますが、それによって被害が進むことが怖くて、割愛していることが沢山あります。

日々の私の被害記事もサラリと書くようになりました、これ以上酷くされるのは溜まりませんから。

面白い記事などは、自分の気持ちを高めるhighに持っていくために敢えて書いていることが多いです。人にわからないことでリアルで説明できないことを遣られているのですから、人それぞれの考えはあるでしょうが、日々日常の雑事もあるわけで少しずつ調整しながら生活しています。外へ出ては、なるべく落ち込まないように気持ちをhighに持っていくように、人と接していました。帰れば被害が待っているわけですから。

その被害の中で、一番強烈に体に受けた被害は、街宣阻止のための攻撃でした。6Kも体重が落ちましたから。
街宣を始めた頃からあったようなのですが、最初は気づきませんでした。普段熱は強い方だったから、最初の街宣の頃も少しは微熱’7度程度はあったようなのですが、それから酷くされ始めて、昨年末には起きれない状況が続き、年末の大掃除やお正月の準備も日常の洗濯も食事の用意も一切出来ませんでした。もちろん買い物も出来ませんから、痩せますね。食べれないし気分は落ち込むばかりで。

昨年末選挙がありましたが、その選挙前から、私を街宣させない為に毎晩熱を9度を超えるようにされて、一晩中冷やし続けておりました。独りなので冷やすのも何をするのも私しか居ません。氷やアイスノンのようなものはフルオンパレードで信じられないでしょうが、冷やすだけで下がります。普通の感染での熱だとこうは行かないと思います。寝ると8回ほど頭に照射を受けます。それから全身に悪寒がしてきて一気にうなぎのぼりの熱で、9度を超えます。それが街宣の2日前からだとかであればまだいいのに、毎日毎日続いておりました。当時書いていた記事(非公開:下書き)を見ると2ヶ月近くとあります。記憶はおぼろげで最近では1ヶ月1ヶ月と思っていたので、自分で改めて驚いています。そうでなければ6Kもダウンしないですよね。

ふくよかな人が6K痩せれば喜ぶでしょうが、もともと痩せ気味の私が6Kというのは外へ出れない状態。服もぴったりしていたパンツもガバガバになり、着る服がありませんでした。毎日9度超える熱を出されると、筋肉の低下は凄かったです。気力で外出していた頃も、低下していたようで、スーパーのフロアでも足が突っかかって躓くことが良くあり、親ほどの年代の老人が普通に私を軽く追い越していくのでショックでした。早足で追い越されては居ないのです。ゆっくりの調子で追い越されていたのですから。

家の中でも杖をつかないと歩けないほど脚力は落ち、バスのステップでさえ体が上がらない状態で、腕の力で引き上げて乗りました。その後、転倒させられ、フロアと膝をぴったりあわせて転倒しましたが、これも被害なのです。転倒する仕方もホントにありえない転倒の仕方だったのです。まだ書きたいことは山ほどありますが、こういう風にいつも書いていないことが多いのです。このあとのことも詳細に書きたいところなのですが。

> 全く余裕がなく、笑顔のない生活になりました。
私も一人被害を受けているときは、そうなります。人へ通じないことで、こんな酷い被害に遭っていながら、リアルで生活する対人相手には通じないことですから、誤解もうけますし「ホントはこうなんだけど!」と言いたいのは山々ですが、通じないどころか、キチガイにされるがオチなので言わないから、ホントに理不尽な目に遭っています。

その落ち込んだままで生活していると、精神的に参りますので、なるべく気持ちを出来る限りは切り替えてPCであったり自分の好きなことでも気分を変える意味においては良いことに繋がると思います。その行く先々でも被害者であれば始終被害に結びつく現象が起きるわけですから、ため息ばかりのときもありますが、今があるのはこうしてきたからだと思っております。
 
散々遣られていても、加害者側ではないことが責めてもの救いになっております。

コメントありがとうございました(笑)

2015/09/27 (Sun) 15:01 | EDIT | REPLY |   

鯛釣草  

街宣阻止の熱攻撃

この被害は今までなかったもので、街宣をしなくなったらピタリなくなりました。

街宣時預かっていたのぼりのポールを返しに行くときも、私が街宣をすると思われて攻撃されたのですが「街宣はしません」ということで攻撃を止めていたのです。

今でも撲滅の為の街宣をしたい気持ちはありますが、この攻撃が再開するとわかっている為に、出来なくなっております。

これ以上この被害が続けられると、今1Kは回復しておりますが、またこれ以上やせることになります。

毎日、筋肉作りのストレッチを30分ほどしてやっと1Kの回復があるのですが、やはり運動や草取りなどの仕事の後はまだ痩せています。

2015/09/27 (Sun) 15:39 | EDIT | REPLY |   

鯛釣草  

初めの頃は

被害を認識した初めの頃は、家のどこへ居ても頭をキンキンに締め付けられてノイズも遣られていて、初めて攻撃が酷くされ認識したときでしたから、何もわからず、パニックになっていました。家の外に加害者が居てやっていると思って、外へ出てみましたが、何も変化のない風景なのです、どこを見ても。変でしたけど、外から遣られているから【お願いします、止めてください!】と何度も叫んでいました、それは今にして思うと変な奴に見られるように仕向けられたと思えます。

家の中には居れない様な頭を締め付けられるものですから、その次は近所の交番へ電話したと思います。でも反応はネットにあるとおりで、こちらの訴えを受け止めることもなくはぐらかされた記憶があります。この犯罪を知っている口ぶりでした。

そのときから言っても無駄だし、周りの人はそういう被害を受けていなければまったく理解できない内容ですから、外へ向けて話したことはありません。でもホントに初めのころの動揺や驚きや失望感のようなものは溜まりませんでした。

幾ら「止めてください」と叫ぼうと泣き喚こうと終わることのない攻撃でしたから、被害者さんのブログを検索して何とか情報を得ようと何か楽になる手がないのかと思い検索して、そういう会や被害者さんのブログなど見ておりました。

そのうちそれが日常ですから、慣れというのもあるかもしれません。痛撃の強弱は変わってきました。(私の場合)

未だに記事によっては、ノイズを酷くされたりはありますから、眠れないことはショッチュウあります。

母が介護施設へ居たこともあって、ほとんど日中はそちらへ向かい、家に居ないようにしておりました。その先でも遣られておりましたので、地獄でした。介護施設ではそういったことはなかったと思っていますが、その前に建築中だったマンションが入居した途端、被害に遭うようになりましたから、どこへ行っても免れないように出来ているようです。

余裕に見えるかもしれませんが、私も最初のころ同じ気持ちだったのを思い出しています。

浅瀬さんの被害も、今のものがずっと続くというより、変化はあると思います。最初のころの締め付けは今はありません。頭に照射されるのも最初のころの痛撃は今はなく、前と違ってゆるい感じですが、明らかに頭部にされているのは相変わらずなので、不安は晴れることはありません。

2015/09/27 (Sun) 19:43 | EDIT | REPLY |   

鯛釣草  

浅瀬さんへ

ご覧になっているかどうかわかりませんが、情報を得るために被害者や会のブログなど見るのも、少しは心のよりどころになると思いますが、中でもTwitterは被害者がかなり多く居て発言されている様子が見れます。ROMだけでも視野が広がると思います。

2015/10/08 (Thu) 21:53 | EDIT | REPLY |   

鯛釣草  

「コメントではなく記事にします」の続き

投稿しようとすると《不正な投稿と判断されました》などエラーになり、何度繰り返しても投稿できなかったので、分けて送信しましたが、また《過去の重複投稿になります》となりますので、分けるつもりで少し減らしたら投稿できましたが、減らした文章は消えましたので、なにか操作されていると思います。

消された所がはっきり思い出せませんが、続きを書きます。ーーー

次第に、感情を抑えることが日常になり、笑いや怒りではなく、悲しみといった感情が無意識に押し込まれているのでそういう感情表現が出来なくなってしまっていると認識しています。

そういう時を経た今、普通にちょっとしたプラスな出来事があったりすると、普通の人が感じる以上に嬉しくて、明るく、元気になります。おのずと表情に出てしまい、口調も元気はつらつになりますので《元気だね》と言われる所以かと思います。

2015/10/22 (Thu) 11:50 | EDIT | REPLY |   

鯛釣草  

 ↑このコメントの前に

コメントを送信しているのですが、投稿できたと思えばメールが表示されてしまい(これはセキュリティソフトの側でのことだと思いますが)そのメールアドレスを消そうと編集すると、エラーになって送信できなくされてしまいましたので、後日また送信します。これは続きのコメントになりますが、編集しようと思うと消されてしまうので、とりあえず送信したままにしておきます、また編集しなおすことになるかもしれません。

2015/10/22 (Thu) 12:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment