2020年、東京オリンピックの行方は?!

2020年東京五輪エンブレムも「韓の法則」発動だった!:バカと阿呆の絡み合いですナ!? click!

ーKazumoto Iguchi's blogさんより (一部転載ここから)ー

■参考:韓の法則(2ちゃんねるより)

【絶対法則】
1 国家間から企業、個人に至るまで、韓国と組むと負ける。
2 1において韓国が抜け駆けをすると韓国のみが負ける。
3 1において、韓国から嫌われると法則を回避できる。
この時、嫌われる度合いと回避できる割合は正の相関関係にある。

4 1において韓国と縁を切った場合、法則を無効化出来る。
5 1おいて一方的に商売をする場合は、法則は発動しない。
6 3・4において、半島と手や縁を切った場合、運気や業績その他、全ての面に置いて急激に回復、若しくは上昇傾向が期待出来る。

【諸法則】
(1) 日本で発明され、人気を博した物は、数十年(又は数百年)後に、韓国製又は半島製にされる。
(2) 日本で人気や才能が有る人間は、必ず在日認定されるが、韓国から嫌われていると、必ず回避出来る。
(3) 日本のTV番組は、半島の露出度と番組の人気下降度が正比例の関係に有る。
(日本のTV番組は、半島の露出度と番組の人気度が反比例の関係に有る。)
(4) 海外や国内で、聞かれてもいないのに自らを日本人と名乗る人間は、本当の日本人で無い可能性が高い。
(5) 自国に都合の悪い出来事は、全て外国に責任転嫁する。
(6) 韓国の大統領(為政者)は、任期末期になると騒動が持ち上がり悲惨な末路を歩む。
(7) 朝鮮に手を出した日本の権力者は二代のうちに破滅する
(8) 法則の威力は60年周期で非常に強まる傾向にある
(9) たとえ半島人であっても心が日本人なら法則は発動しない
(10) たとえ日本人であっても心が半島人と化したなら法則は発動する


2020年東京五輪エンブレムのパクリ問題もやっぱり「かねぱくり」「金朴李」だった。

つまり、「八百長」「マッチポンプ」「やらせ」による「韓の法則発動」であった。


ー(転載終了)ー

詳しくは上記ブログをご覧ください。


国民の意見は無視ですね、小さな枠の中で、決められたことだったなんて!!

日本らしくて、法被が好いです!!サクラの花のエンブレムに戻して欲しいですね!!

ネットではそういう声が後を絶ちません。

彼の国がどうして関わるのかしらね。日本の五輪なのに。
「日本を取り戻しましょう」という安倍総理の気持ちは生かされていないのでしょうか?

                    応援clickお願いします
関連記事

0 Comments

Leave a comment