完全犯罪

この《集団ストーカー・テクノロジー犯罪》というものは、つくづく加害者有利に出来た犯罪だと思います。

被害者であっても認識している人はわかることですが、何も気付いていない人なら、何をされていても自然に自分の体調の変化だと思うだろうし、余程、声が聞こえたり、テクノロジー犯罪で自覚できるような異変を感じる事があれば別ですが、殆どの人は知らないで一生を終えていくと思います。

しかも、自分たち(加害者)を有利に導くように、マスコミや一般に常識として植えつけられているから、被害者が声を挙げても【精神疾患】とされてしまうシステムまで出来上がっています。そういうことは普通の人は知りませんから、その作られた常識に従って判断していくと、目に見えないテクノロジー犯罪の被害を訴えても、絵空事だと思うし、オカシイと思うような事がテクノロジーの発達により現実に出来ているのに、それを”ひた隠し“にして、都合のいいように報道しています。

ある人のネット上のプロフィールにあったものですが【悪い奴ほど、世間から尊敬されたり、善い人とされているもの】だというような内容が。この被害を知っている人は、この言葉を《そのとうり!》と思うことでしょう。

尊敬する人、される人を思い浮かべてみてください。イコール表向きの顔であることに気付いて欲しいです。そうすれば、現実が見えてきます。殆どの人はその作られた常識を植えつけられていますから。考えると当然なのですが、このわたしでも、メディアで取り上げられる尊敬される人達をそのまま鵜呑みにしておりましたから、現実を知ってかなりショックを受けました。

そういえば事実を報道しない、ということは知っていたのに、持ち上げられるということは事実ではないということなのですが、それさえも気付かずにいましたから、普通の人はまったく知らないのは当然ですよね(笑)

夢のような事が実現できているからこそ、すごいことをされているのです。

実際に、最近気付いていることですが、自分が思ってもいないことを行動に移させられたりします。これは遠隔から操作されているのですが、自分の行動であるから、人が操作していることに気付きにくいところがあります。24時間、365日、盗聴、盗撮、追跡されているのですから、それは軽く出来るものなのです。それを解っていても、自分が自分で無い行動を起こす時に、実に変な気持ちにさせられますが、私自身は抑えられていますから、夢の中で《話ししたいのに言葉が出ないもどかしさ》を経験したことはありませんか?現実に、そのような事が起きるのです。でも、実際に行動に移しているのはわたしなのだから、自分が自分で無いという、ほんとに筆舌に尽くしがたい状況に置かれます。

被害者さんが、自殺を強要された、という訴えを聞いたことがありますが、そういうことが日常に起きているのです。あとになって、操作されていた事がわかりますが、ほんとにこの犯罪が加害者の思いどうりになるのに、その事は誰に知られることもなく証拠に残ることも無く実行できているということに腹立たしさを覚えます。

           応援clickお願いします
関連記事

0 Comments

Leave a comment