この犯罪に気付いてください

3月1日にURLでのリンクをした動画をご覧の方は、解っていただけるかと思いますが、テクノロジー犯罪の被害者とは、その動画に登場する被害者の告白にあるように多く実在します。

そもそも集団ストーカーとは、子供のいじめを、堂々と大人が遣っているようなものです。一般に普通に暮らしている人達が、そういうことを平気で遣っています。わたしの経験ではタクシーの運転手さんは多いです。小細工のような仄めかしも経験して、その時はまだ認識していない時でしたから、そういう演技めいたことをされても,その事の本質を知らないのと、まんまと罠に嵌ってショックを受けたこともありますが、振り返るとなんともお粗末な演出を堂々と、大の大人が遣っている様を思い出すと、人間性を疑ってしまいます。

注意していただきたいのが、すべてのタクシーの運転手さんがそうではありません。しかし、そういった仲間同士の会話でターゲットのデマを流しあっていることは疑いのない事実ですね(笑)その人達は、そのこと(集団ストーカーそのものの存在)を知っているのかどうかわかりません。

そのほかにも、大勢の普通一般人の大人が加担していますから、この犯罪はいつになったらほとぼりが冷めるのかと思います。その大人の子供さんはそのまま、それを正しいと思い込まされて育ちますから。

加えて、冒頭にも書きましたが、テクノロジー犯罪を受けている被害者は、あの動画を見てのとうりです。現に今わたしは下腹部から下の微動=振動を受けています。家に居ると常にこの被害に遭います。ホテル住まいをするわけにもいかないから、家に居るわけですが、ココでわたしは病気にさせられ続けているということです。

前のような、攻撃とは思えないのですが、頭部の照射が続いております。寝ている間中そういうことをする人が、わたしの家の南側にアジトが何件もあり、照射されます。人の家の庭まで侵入しているのですから、犯罪もへっちゃらなのですよね。防犯ライトがついていても平気なのです。2階であればそこから見渡すことが出来ますが、わたしはその南側は雨戸をずっと閉めたままです。何も知らないうちは雨戸をしたこともなく、していても鍵まではしませんでした。今考えるとぞっとします。

しかし、雨戸も通過する照射で、毎日被害に遭っているわけです。


自分たちも人間、いつ被害に遭うかもしれないのに、と思うのですが、だからこそ人へ危害を加えるのかと思ったりします。

何も知らなくて【知人から言われて(わたしは)そういったことをしているようだ】と思った方がもし居らっしゃいましたら、、もしもこのブログをご覧になって、そういう気配を感じていらっしゃるのでしたら、一刻も早くにご自分だけでも止めていただきたいと思います。

*下記URLに、集団ストーカーとテクノロジー犯罪の啓蒙チラシがあります。どれでも、コピーをして頂いて、どうぞご覧下さいませ。

集団ストーカー:テクノロジー犯罪click!

           応援clickお願いします
関連記事

0 Comments

Leave a comment