ふきのとう

春の訪れを告げる「ふきのとう」が芽吹いていました。やはり旬のものはありがたく戴きたいと思い、早速摘みました。以前は【蕗みそ】にして美味しく戴きましたが、今回は【てんぷら】にしました。

苦味はあまり感じませんでしたが、蕗の匂いがして春を感じました(笑)
てんぷらと言っても、油を沢山入れるてんぷらは、油の処理が困りますので、小さめの鍋に僅か1センチも満たないくらいに油を入れて、片栗粉をつけてあげるだけの簡単レシピが、検索でかかりましたので、参考にして作りましたが、とても美味しかったです。こういうのなら、いつでも出来ると思います。

なんと、栄養価が凄い、驚きました。

ふきのとうclick!

一以下転載(旬の食材百科)一

■フキノトウに含まれる主な有効成分とその効用
●カリウムを豊富に含んでいます

 ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、足などのむくみをとる作用もあるそうです
●苦み成分はアルカノイドとケンフェール

 アルカノイドは肝機能を強化し、新陳代謝を促進します。また、ケンフェールは活性酸素などの発ガン物質を抑制する効果があります。
●香りの成分はフキノリド

 これには胃腸の働きを良くする健胃効果があると言われています。

ー転載終了ー

是非とも、皆さんも作ってみてください。旬の恩恵に与かりましょう

           応援clickお願いします
関連記事

0 Comments

Leave a comment