日本海海戦



日本海海戦

2014/03/23 に公開

日本海海戦(1905年5月27日〜28日)は、 日露戦争中に行­われた海戦である。日本以外ではこれを対馬沖海戦と呼ぶ。ただ­し実際の海戦域は対馬沖に留まらず日本海広域に及ぶ。
この海戦は日本海軍の連合艦隊と、ロシア海軍の第2・第3太平洋艦隊との間で戦われた­。日本海軍連合艦隊は連合艦隊司令長官東郷平八郎の指揮下で、ロシア海軍両艦隊を撃滅­し戦力の大半を失わせたが、日本海軍連合艦隊の損失は軽微という海戦史上まれな一方的­勝利となった。これにより両国間のポーツマス講和会議への道を開いた。当時、世界最大­の軍事力を有していたロシア帝国の敗北は世界を驚愕させた。なお日本では上記のロシア­海軍両艦隊を指して「バルチック艦隊」と呼ぶことが定着しており本稿でもこの呼び名を­用いる。

先日の軍艦マーチのコメントから日本海海戦という言葉を知り、出合った動画です。こんなに詳しい内容の番組があったとは知りませんでした。とても興味深く拝見しました。

           応援clickお願いします
関連記事

0 Comments

Leave a comment