第5回、11月10日(月)小倉街宣の報告



平日だということで、人通りが少なくて、被害者さんも来られない方が多く、サニナさんとわたし、そして平日だと来られる女性被害者のNさんの3人だけでした(笑)

人通りが少ない分、チラシ配りは大変です、いつもよりあちこち歩き回っても、受け取ってもらえなかったりするから、倍も3倍も疲れました(笑)

街宣に向かう途中、行きがけに魚町の交差点で信号待ちしていると【大阪府警】のパトカーが、目の前をグットタイミングで通りました。帰りも同じ場所、魚町の同じ交差点で信号待ちをしていると【大阪府警】のパトカーが目の前をグットタイミングで通りました。(小倉でも、たまに神奈川県警や大阪府警のパトカーを見ることがあります。応援に来ているとのことです)

集スト被害者は、パトカー、救急車、小型セスナ、ヘリコプターなどの遭遇はよくありますが、わたしの場合、何も感じないと言うか恐怖心とか不安感などなく、むしろ「うわぁ」と見てしまう方なので、わたしには効果がないので勿体無いですよ、と言いたいです(笑)パトカーを見ても警察官を見ても「うわぁ」とミーハーに見てしまいます(^^)

街宣中、工事されている削岩機の音で、聞こえないよと外部の人から指摘を受けましたが、これは普通の日ですから、工事があってもおかしくないのですから、仕方ありません(笑)やはり休日がいいな、と痛感しました。行き交う人が少なくて、街宣を行うのなら、休日、祝日の方が効果的です(笑)
                                
それでも、今日お渡しした人の中でも、じっとチラシを見つめてカバンに入れてくれた若い男性の方がいらっしゃって、嬉しかったですね
 
こうやって街宣をしていると、それに対抗してネットでは目くらましのブログや記事を見ることがあります。加害行為をしている集団にとっては、知らせたくない事実ですから必死です。

その人たちは、何も知らない人へ隙あらば味方に取り込もうとして隠蔽しようとしているのは、被害者が見ればわかりますが、その何も知らない人たちへこそ、わたし達は街宣をしているのです。その被害を広げようとしている人たちと、逆のことをしているのです。末端の加害行為をしている人には、わかることです。一人でも加害をしている方が目を覚まして欲しいと思っています。

日本は、平和を装っている国です。その事実は被害者でしか知りません。もちろん加害者は百も承知ですが、その方たちはそれを知ってしているわけですから、問題外です。

ある対抗する人が「あなたたち一般人を狙ってどうするのですか、狙うのならもっと国の重要な人を狙うでしょう」などありましたが、それはこちらが言いたい台詞です。

*今回の動画はとトチって居ますが、もうひとつ撮ったほうは工事中の音で消されているからどうしてもこれになります。

                                  
関連記事

0 Comments

Leave a comment