最近の状態について

毎日、頭に照射されますので、念のためにMRIを撮りました。
その説明の中で、専門用語を使われるので、忘れましたが、大事なところに、白いものがあるようなないような、状態でした。さらに念を押して聞いていると、先生の携帯に着信があり、すぐ前に急患が来ているとのことで、話は中断したようなことになりました。

操作のように感じました。そういう時を狙って、という意味で。その患者さんが急患じゃないと言っているのではなく、そのタイミングできたことに、そういう意図を感じたのです。あと1分後でも良かったのにと(笑)

追記
不思議なことがありました。MRIを撮っている最中に、何度か照射を感じたこと。2度は普通にあり、あと3度はゆるくありました。計5回ほどあったのです。

どなたかのコメントに、照射したこと(電磁波)を消すために、どうのこうの・・・。というのを見たことがありましたが、そのコメントを思い出しました。そんなときまで照射する意図は??!!と思いました!!

病院にいると、なぜか人がいない(と思う)場所から照射感があったり、そちらを向くと、いつもではなく不定期に、照射感があるんです。こちらを向くとあるのか、と思い、何度も試してみると、いつもではないのです。あるときにだけ感じるのです。

どこに何が潜んでいるかわからない昨今です。

・自分の変化として、書いておきます。

もともと、方向音痴気味ではあったけれど、最近特に酷く感じる。
たとえば、初めてのところへ行ったとすると、帰りがわからなったり(今来た道の逆なのに)(同じ方へ行って、違うことに気づき戻る)、駐車場で車を降りて用事を済ませるとどの車なのか戸惑い、あらぬ方へと・・・。ここまではなかったと思うのに、知らないところへ行くのは勇気が要りますので、人へ聞いて【すぐそこです】といわれても、その人は知っているからすぐなのだし、はじめから時間がなければ行かないようにしています(笑)

このことについて先生に質問したときに、着信で聞けなかったのです(笑)

*今では被害とは言えないけれど、先日のバスの中でわたしの頭に照射したおばさんが、同じ路線を使っているから、遭います。それにしても、遭いすぎるくらい(会うではない)。今日も隣へ座って、なんとなくそういう空気が漂い、席を替わりました。

いくら、マスクをしても、髪型が違っても、わかりますよ~~(^0_0^)
下車バス停が一緒だし、降りてすぐマスクを取っていました。なぜか(笑)でも不思議と遭いすぎる。

だれも人は個性がありますし、顔を隠しても手の雰囲気なんかは隠せませんし(笑)体系も然り。

防備録なので書きます。
                                                                        
関連記事

0 Comments

Leave a comment