知るべき、見るべきです

集団ストーカー被害の中に、仄めかしや付きまといなど、一連のものともう一つセットで行われるテクノロジー被害がありますが、そのテクノロジーは目に見えない電波を照射されますし、痛みや被害を受けた人は理解できることでも、それを第三者へ話すと変な奴にされますね、それが加害者の目論見で「統合失調症」に仕立てるということだとわかっているのですが。

これ、ずっと遣られていると、慣れることもありますし、自分だけじゃなく被害者が多いということはわかってきます。中でも無自覚な被害者さんが、ほんとに多いとも感じます。自分もそういったブログを絶えず見ていたのに、自分は《まさか一個人にTV局が、そんなことあるわけないし》と考えていたのも事実です。でもそれが実際存在していたことは自分が一番わかっております。しかもその行為が加害者のマニュアルにあることなどとなれば、無自覚被害者さんはどんなに沢山いらっしゃるか想像できます。

こういった集団ストーカーと先の記事のようなケムトレイルなど、その他の色んな動画YouTubeを見ていても、なんか信じられないけれどずっと繋がっているような気がします。

ストレスを溜めないことの条件に「ニュース報道を見ない」という言葉を昔に聞いたことがあります。先に書いたようなことが実際に起きている《そんなバカな》と一笑する人はいるかもしれませんが、事実のようですよね。

ベガさんのブログに、ケムトレイルについて興味深い内容がありましたので
一部抜粋させていただきます。

___________ 《下記抜粋》_________________________

【NWO(新世界秩序)の人口削減プログラム】

①放射能の被爆(原発爆破、劣化ウラン弾)による人口削減。
②HAARP(人工地震、気象操作、集団マインドコントロール)の操作による人口削 減。
③ケムトレイル(放射能物質、重化学物質、細菌・ウィルス)の散布による人口削減。
④集団ストーカー=組織的犯罪・電磁波兵器等の殺人による人口削減。
⑤ワクチン(新型インフルエンザ、エイズ、SARS、子宮頸がん等)による、副作用や 不妊による人口削減。
⑥戦争による人口削減。
⑦金融危機、エネルギー危機、食料危機をつくりだし、国家破綻、社会破綻を起こして 人々を失業、貧困、飢餓に追い込み人口削減。
⑧民族紛争の誘因を作り出しての人口削減。等等

_____________《抜粋終了》________________________

この記事の中の4番には集団ストーカーのことが書かれていますね。自覚している被害者さんはもちろん、無自覚の被害者さんも入っています。 1~8のなかにあるものどれをとっても「わたしは関係ない」と言い切れる人はいないと思います。現にそれらの内容はすべての人間が対象になっています。被害者であるわたしは、一笑することはできませんし、否定することすらできません。すべてはこういった一部の支配階級の人達による操作があるようなことは最近なんとなくわかってきました。病気が作られているそうですし、大災害も人工で作ることができるというのですから。

YouTubeの災害後の動画を見ていて、一般の何も知らない普通の(沢山の国の支援などの状況に)感謝している人達のコメントに混じって、1人2人異論を唱える投稿がありました。いま覚えているのは「アメリカに感謝して、友達作戦だとか言って喜んでる場合じゃないぞ!」というものでした。何を言っているのかと思っていましたが、その大災害が人工だということを知っているコメントだったようです。

すでに外国では普通に会話として話されるようなことだそうなのに、日本ではほとんど報道もしないので一笑する人が多いわけなんですよね。日本も、他国のように普通に会話して警戒できるレベルまで、なって欲しいと思います。

地球全体を一部の支配組織の人達によって動かされているとは、なんと神をも恐れないことを遣っているのですね。

その支配している人達も人間なのに、いつどういう形で自分達もその罠に掛かるかもしれないのに、不思議でたまりません。マッチポンプという言葉、そのものが実在しているんですね。

そのチップを体に入れられると、どういった存在の人でも遠隔での操作ができるのですから、ほんとにこわいことが行われているんですね、考えるとすごい。この先、世のなかがどうなるのか、とオモイマスね。5月2日の記事も科学者による告発のようなことです、時間があればどうぞご覧ください(文字起こしをしていますので、そちらでも見れます)

*この記事は違う内容が目的だったのに、どういうわけだか文章がこうなってしまいました。
                                             ここもclickしてください
ーーーーーーーー
わたしが書きたかったことは、被害者さんのブログを拝見していると「家族の声での送信があった」ということが書かれているのを見て、されたことがない人は《馬鹿じゃないか:統合失調症なんだよ》と思われるかもしれませんが、わたしも経験している事実なので、(*1)こういった目に見えない痛み以外のこともできるのですから、束になって(集団で)遣られて一人の人間が太刀打ちできない環境に置かれ操作されること、これは不安が募ります。でも書くとこわい(視覚盗撮されているから)のでこれ以上書きませんが、操られてしまう、気が気でない状態を作らされることも被害なのですから。一方で、加害者の方もそうなんだろうか?と思ったりします、そういう風にするように目に見えない何かの力での傀儡をされているのではないかと。これも防ぐことのできない何かが働いて、日本では自業自得とか、天につばを吐くということがあります、因果応報という言葉もありますね、結局のところ・・・何かブーメラン現象が起きそうな気がします、神さまは居らっしゃると信じています。

(*1)これは霊現象などの類ではなく、テクノロジーを利用したものなのですが、心理的に作用し、その人だけに聞こえるものですから、証拠を残すことも難しいし、あたかも霊現象だと思われたりすることがあると思います。生きている人の声でもそこに居るはずのない人の声が聞こえる、亡くなった人の声であっても、そこに居るかのような声で聞こえます。
                                                  
関連記事

3 Comments

鯛釣草  

家族の声で音声送信&思考盗聴

https://twitter.com/harbor_seal_ai/status/466384572062920704

この方のツィッターで、音声送信のことが書かれています。

わたしが、いつか聞いた家族の声は、いきなりだったのですが、家族ですから、もっと聞いていたいと思ったほどでした。まるでそこに居るかのような声でした。
家の中での盗聴があったわけで、声のデータは取れていますから、専門家による送信だったのかもしれませんが、実際家の中に居るかのような違和感なしの生の声、指向性マイク(スピーカー?)というもので送信できるのじゃないかと思います。詳しくないのでわからないですが(笑)

思考盗聴に関して、それはない、と仰る被害者の方の意見をたまに見ます。それは個人個人の思いがあると思いますし、自由ですから如何思われても構いませんが、実際に思ったことが(声に出していません)私の場合、音楽で流れます。家の中だけではなく、外に居ても何処に居てもそうなります。

送信される曲が嫌いな場合は、うんざりしますが、その時に思っただけ、しかも自分ながら完全に形として、リクエストとする意見として成立していない感情まで即読み取られます。

思いをめぐらしているときに、不意に関連する曲の送信があります。それは曲を浮かべているのではなく、出来事に関することの思いに《同時に便乗している》のです、これはそうなった人でないと判らないかもしれないと思います。

まったく《時間のずれがない》のですから。考えていることを盗聴されているとしか思えないのです。

日立の開発したもの小麦粉一粒くらいにまで小さくなっていますね、あれはどこかで、薬に混ぜてとか、服の中になど記事となっているのを見たことがあります。そして「誰でも持てるようにしないといけない」「貧乏人でも持てるようにしないといけない」と書かれていて、何処でもカードが手に入る今となっては、そのなかに入っているようなことをいつか記事の中で見ました。

お店でもポイントカードありますし、これは只です。誰でも手に入れることが可能です。交通面でも買い物をするときにでも使うカードもあります、商品として売られている中にも入っているというものを記事としてみました、何かされていると感じます。

その記事は、すべての人間を奴隷化するというものだった、そういう支配する側の人の暴露記事だったと思います。わたし達が思っている以上に進んでいると思います。

一番初めに気づいた(疑問に感じた)のは、耳鳴りがしない、と思ったら、必ず耳鳴りが始まることでした。家の中でも外に居てもです。

2014/08/10 (Sun) 00:22 | EDIT | REPLY |   

鯛釣草  

思考盗聴

わたしのリンク先に、2008の記事で思考盗聴に関するものがあります、それは告発文書となっております。リンク上から見ていけば即わかると思います。タイトルがそうなっていますので。(タイトルは、あまりにも刺激的なものになっていて、サブタイトルの英字を使ってリンクに入れています、上から5つくらいのところです。小心者なので堂々と触れたくないタイトルなのです)

いまから6年前の話ですから、それから技術は格段と進んでいると思いますし、何処かのコメントには、《電磁波兵器の製作技術が盗まれて、日本で○○トが被害者へ使っているらしい》という若干違うかもしれませんが、そういった内容のコメントを見ました、それもわたしのブログ内のどこかに記事にしています。そのコメントは今年、しかもブログを始めてからですから、最近の話です。

あらゆることが起きていると思っています。

2014/08/10 (Sun) 01:41 | EDIT | REPLY |   

鯛釣り草  

思考盗聴:音声送信:全否定の被害者さん

初めのコメントにも書いていますが、被害者の方のブログで、たまに「思考盗聴はない」と書かれているものを見かけることがあります。「それは体験されていないからですね・・」と心の中で思って、いつも何事もなくスルーしておりました。が、今回そういった類では済まないほど、酷く書かれたものを見てしまったので、コメントに書いたのです(一番先のコメントです)

集団ストーカー被害そのものが、一般人までを使い、公安や警察などの権力を持った人の力までを導入した巧妙なものですから、一般の人から理解を得ることが難しいものなのです。

その方は「思考盗聴」や「音声送信」「ブレインジャック」(←これについてはあまり知りませんが、そういう体験を見ても否定しませんし、ましてや記事にもしようと思いません)など、すべてを否定されているもの(そんなものはトリックだと)でしたが、裏付けの取れないものは信じられないと仰っておりましたが、加害者の考えられないほどの巧妙な手段を使われた行為の裏づけなど、一般人にわかるはずありません。

テクノロジー被害も考えられないなどと書かれていましたが、痛みの送信はテクノロジーを使っているのではないでしょうか?その方は、ローテク被害のみの方なのでしょうか。

サイトはとてもためになることが書かれていてます。参考になることばかりです。いつも感嘆仕切りです。

電磁波を使った攻撃がテクノロジー被害ではなければなんだと言えばいいのでしょう。

そのブログを見たときに残念に思ったのは、被害者さんのブログでなければなんとも感じませんが、被害者さんのブログであるからこそ、一般の人が見た場合、ただでさえ理解の得られないこの被害について、追い討ちを掛けるもので、被害者さんの言葉でそう言われれば、普通にわからない(見たこともない、体験したこともない)一般の人が思われること以上の迫力を持って返ってきます。

わたしは他の方のブログを見ていても、自分にない被害を見ても【それはない】と思うようなこともないし、ましてそれを否定してブログ記事にすることはありません。自分の知らない被害はあると思っています。集団ストーカー被害者であると認識するまでは、そんなことがあるのかな、と思っていても、実際にテクノロジー被害を受けて痛いほどわかりました。

自分にない被害だからと、記事にしてしまうことがどんな力を持っているかと思います。それまでに悩んできた被害者さんであるのに、同じ被害者さんからストーカー被害を受けるのはどんなにショックなことだか知れないと思います。そこまで言い切られてとても残念です。

わたしのようなブログならわかりますが、目に留まる機会の多い、優れた内容ですから、残念でした。

2014/08/11 (Mon) 01:02 | REPLY |   

Leave a comment